スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(日刊スポーツ)「宮原時代だV2 フリーもダントツ、真央に3連勝」



今日は嬉しくて「知子ちゃん優勝」記事を求めて新聞を買いに出掛けました。
日刊スポーツの紙面が大きく全日本女子フリーに割いていて素晴らしく充実した内容でした。
自宅に帰って中身を確認したのですが、もう1部買っておけばよかったと思いました!
まだちゃんと確認してないけれど朝日新聞もよかったです。
あ、我が家で購読してる神戸新聞もすごく良かった。
女子の順位通りの扱いでした。

ここからは女子フリーの記事を記録のために並べて行きます。
私の“さとこ祭り”は続きます。


宮原時代だV2 フリーもダントツ、真央に3連勝
[2015年12月28日9時56分 紙面から] 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/sports/news/1584895.html
宮原知子(17=大阪・関大高)が、大会連覇を果たした。SP首位からのフリーで139・59点。国際スケート連盟未公認ながら“自己新”の合計212・83点で優勝した。浅田真央(25=中京大)に3連勝して、世界選手権(来年3月、ボストン)での連続メダルが視野に入った。SP5位の浅田は巻き返して3位。世界選手権代表に、女子は宮原、浅田、本郷理華(19=邦和スポーツランド)が選ばれた。
 冒頭の3連続ジャンプが乱れた。「あーって感じ」と宮原。だが練習で培った技術と心は乱れなかった。「できる」と自分に言い聞かせて滑りきった。樋口らジュニア世代、そして浅田を抑えて大会連覇。「強い選手がたくさんいる中で、また優勝できてすごくうれしい。もう少し点を出せれば、よかった。もっともっと自分に自信や迫力をつけて今以上の演技をしたい」と言った。
 4歳から6歳まで米国で過ごした。「帰国した時、年上の人とはしゃべれなかった。周りからは『英語しか分からない』と思われていたかも」。控えめな性格で笑顔が苦手。今でもリンクを下りると練習場の隅で弁当をほおばる。浜田コーチは「普段は今までと変わらずオーラはない。でも大観衆の前でも自分の演技ができるようになった」。
 11月にNHK杯初優勝。家族とイタリア料理店でお祝いした。その席で父亮さん(52)は「自信がついてきた」と娘の変化を感じた。同コーチは「去年は前を追って追って勝てたらいいね、だった。今年(女王として)迎え撃って勝てるのは心の成長」と褒めた。
 限界まで自分を追い込む。今年の夏合宿ではスケートの基礎を猛特訓。1日5時間はリンクで過ごす宮原がある日、珍しく集合時間に遅れた。同コーチは「知子が起きられないなら他の選手も無理」と休日にしたという。技の習得に時間はかかるが、練習で靴を履く際も本番の時間を想定して準備するなど手間を惜しまない。「普通の子でも努力でここまでくるんやな」と同コーチ。父は「いわゆる球技が得意な子ではなかった。ただ1度できたことができなくなる、ということはないです」。競技者なら誰でも憧れる才能がある。
 日本人で浅田に3連勝したのは安藤美姫以来2人目。NHK杯で記録した国際スケート連盟公認の200点台も浅田、安藤に続く日本人3人目だった。頂点に向かう歩みは遅くとも下ることはない。宮原は「今回は悔しい部分も少しあった。世界選手権でしっかり自分の実力が出せるように頑張りたい」。17歳が、世界女王に輝いた2人に着実に近づいている。【益田一弘】



[日刊スポーツ]




宮原、新女王から真女王に 真央のいる大会で堂々の連覇達成
スポニチアネックス 12月28日(月)7時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151228-00000028-spnannex-spo
1年前は浅田のいない初優勝だった。しかし今回は浅田もいる表彰台の真ん中で、宮原は金メダルを受け取った。「また自分が優勝できて凄くうれしい」。非公認ながら212・83点は自己ベスト。充実のジュニアも、経験豊富なベテランも迎え撃ち、新女王は“真女王”となった。
 SP首位で迎えたフリーは最終グループの1番手。「最初の方は硬かった」と冒頭の3連続ジャンプは最後が詰まってしまった。しかし「大きなミスではなかった」とすぐに切り替えると、リストの「ため息」の旋律に乗った。
 濱田美栄コーチは「普通の子でもここまで来られるんだと教えてくれた」と努力する才能を称える。「練習で絶対に抜かない。スピンのレベルを1つ落としても、ジャンプを1つ抜いても体力に影響が出る。練習が結果につながっている」
 昨季のブレークからアスリートとしての意識も高まった。普段から家族の食事も作る料理好き。父・亮さん(53)が大学時代にラガーマンだったこともあり、ラグビー日本代表の食生活にも興味を持った。体の大きなラグビー選手でも揚げ物はあまり食べないと知ると、揚げ物を避けて良質なタンパク質の摂取を心がけるようになった。その成果か今年になって身長は1メートル50に達した。
 「ジャンプでミスがないと表現も楽しくできる」と表現面も日々成長している。フリーのテーマは初恋で、小学生の頃にスケートに恋した気持ちを込めたもの。「もっともっとテーマが伝わるように頑張りたい」。来年2月の四大陸選手権、そして世界選手権でも、この恋の続きが楽しみだ。





完璧な滑り支える自慢のスタミナ フィギュア連覇の宮原
前田大輔2015年12月27日23時19分 朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/articles/ASHDW36T7HDWOIPE004.html?rm=257
演技を終え、天を見上げると、観衆がスタンディングオベーションで迎えた。「大きなミスなく滑れた。うれしい」。冒頭の3連続ジャンプの回転不足を除けば、ほぼ完璧な滑りで2連覇を決めた。
 誰にも負けない強みは何かと尋ねると、17歳は決まって即答する。「最後までスピードが落ちないスタミナです」。一朝一夕では、身に付かない。氷上では徹底して曲を止めずに通しで何度も滑り込み、陸上でもジャンプ力を付けるために垂直跳びで鍛える。
今季に入ってからは、体調管理にもさらに気が向くようになった。週2回買い物に行って自炊し、作り置きのおかずを弁当に詰め込む。風邪予防のために「体が疲れすぎないようにしている」。練習の虫は、体の状態に合わせる柔軟性も身についてきた。
 11月のNHK杯で優勝し、初出場のGPファイナルで2位。この1カ月で3試合目だが、疲れを見せず、参考記録ながら合計点で初めて210点を超えた。経験を積むたびに、自信も付いた。濱田美栄コーチも「迎え撃つ状況でも、勝てた。心の成長を感じる」と目を細めた。
 着実に成長を続けながら、再び世界選手権に挑む。「世界で勝つには、技術も表現ももっと上げないといけない」。昨季の銀メダルを上回るために、宮原は歩みを止めない。(前田大輔)




「Number Web」
自信が無い所から始まった宮原知子。
自信を失ってしまった浅田真央。

http://number.bunshun.jp/articles/-/824841
松原孝臣  2015/12/28 11:30





宮原知子 真央、錦織らが所属のIMGと契約へ
[2015年12月28日9時56分 紙面から] 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/sports/news/1584892.html
 宮原が、浅田も所属する世界的なマネジメント会社IMG(インターナショナル・マネジメント・グループ)と近く契約することがこの日、明らかになった。現在、関大高3年の宮原は来春から関大に進学する予定。大学入学を機にさらなる飛躍のために、浅田、テニス錦織圭、卓球石川佳純らが契約している同社と契約する。関係者は「競技をサポートしてくれる」と説明した。
 宮原にとって、浅田の存在も大きい。母裕子さんは「(浅田の復帰で)心強いと思います。うれしいんじゃないでしょうか」と口にしている。競技に専念できる環境を整えるとともに、日本代表での活動以外でも浅田から多くのことを学ぶ機会が増えそうだ。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちえ

Author:ちえ
神戸に住む主婦の生活ブログ。

☆いつも拍手&コメントありがとうございます。
コメントは承認制にさせて頂いています。どうぞお気軽にコメント入れてくださいね。

神戸、カフェ、久保田利伸、
フィギュアスケートが好き。

2009年全日本eyeから高橋大輔選手を、2010年6月DOI「黒い瞳」から町田樹選手をずっと応援しています。現在は町田樹選手の考え方に深く共感し、町田くんを全力応援中。
大輔&真央はいつも心のオアシスです。

ペア、アイスダンスも大好き。


好きなもの:
カフェ、食器、インテリア、NY、紅茶






フィギュアスケート・ミュージック 2015-2016
<全曲視聴可能>




ワールド・フィギュアスケート 71
リプニツカヤ選手のインタビュー有








◆GPシリーズ前半戦ハイライト
◇スケートアメリカ
町田樹/今井遥
◆髙橋大輔引退表明会見
(2014.12.4発売)



町田樹選手2014-15SP曲「ラヴェンダーの咲く庭で(通常版) [DVD]
「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」はイギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」のテーマ曲




イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
(¥1548・在庫あり)



イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
【全曲視聴可能】
(町田選手使用曲は4曲目のヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー)




町田樹選手2014-15フリー曲:「ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」





MOOMIN ムーミン レトロフラワー マグカップ ピンク MM392-11
【町田樹さん愛用のマグカップ】






<ムーミン フタ付きマグカップ>






Sports Graphic Number Do Summer2014 達人が教える 山旅に行こう。 (Number PLUS)
「3食拝見!町田樹(フィギュアスケーター)」
<ムーミンマグカップ登場>



考える人 2014年夏号
町田樹「スケーターとしての強み」








「フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シングル読本」
【表紙:ソチ五輪代表争いする日本男子6人】町田樹・インタビュー











Sports Graphic Number PLUS「日本フィギュア ソチ冬季五輪完全保存版」 (Number PLUS 92号)
<とても綺麗な写真。町田樹選手インタも泣けます>



【町田樹2014-15】
SP:「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」
映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より

FS:交響曲第9番(第九)
  作曲ベートーヴェン



<高橋大輔選手愛用の香水>
軽くてとてもいい香り。強くないから気軽につけられると思います。








<コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー>
美味しくて容器も小さくて可愛い、大好きなクッキーです☆






茨木くみ子「ホームベーカリーで作るふとらないパン」~バター・オイルなしでもこんなにおいしい


茨木くみ子「ノンオイル、ノンバターの茨木さんちのおいしいお菓子」

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。