スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポーツナビ】反骨精神と歩んだ大西勝敬の指導者人生 フィギュアスケート育成の現場から(12)


最新!
大西先生のインタビュー記事です。

すごくすごくうれしいです。スポーツナビさんありがとうございます。

大西先生、大好き。
町田くんへの心がある指導を尊敬するし、
間違いなく大西先生の指導無ければ町田くんはソチ五輪に行ってなかったと思うし、(勿論町田くん本人の努力と才能も)
りんスポに滑りに行った時にもこんな素人にでも笑顔で“こんにちはー!”と声かけて下さるし。
ほんと神様です。

「反骨精神」、やはりそれが原動力のひとつなんですね。
絶対そうだと思っていました。

-------------------------------------

反骨精神と歩んだ大西勝敬の指導者人生
フィギュアスケート育成の現場から(12)

松原孝臣   2015年12月3日(木) 10:50

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201512010008-spnavi?utm_source=hootsuite

◆指導者としてもうすぐ40年

「先生〜!」
 滑りに来た一般の女性の人たちが手を振る。
 それに、にこやかに、応対する。

 大阪府立臨海スポーツセンターでフィギュアスケートの指導にあたる大西勝敬だ。
「いやいや、僕、やさしくなんて、もともとはないですからね」
 と笑う。

 これまで、2度、指導者の立場で五輪に行った。カルガリー五輪に加納誠と、そしてソチ五輪に町田樹と。

 もともとは選手だった。指導者に身を転じてからの時間は長い。もうすぐ、40年に届こうとする。

 大西は、しかし、意外な言葉を口にする。
「好きでもなかったのに、こんなに長く、よくやったなと思います」

 では、何が大西をフィギュアスケートに、これほどまでに長く携わらせることになったのか。

◆フィギュアが好きだったわけではない

 大西がフィギュアスケートを始めたのは小学2年生のとき。当初はアイスホッケーをしていたが、フィギュアスケートに転じた。親の方針だったという。
 以来、選手となった大西が指導者になったのは、法政大学を卒業してすぐのことだ。

 本当は、銀行への就職が決まっていた大西の運命を変えたのは、卒業を間近にした頃に観た、全日本選手権だった。

「関西の選手たちが下位争いをしている。男女どちらもですよ。それを見たとき、関西に帰ろう、日本一を目指そうと、ふと思った。それがきっかけです」

 周囲の反対はなかったのか。大西は、笑って、このように答えた。
「こういう奴が一人おってもいいだろう、と」

 先に記したように、フィギュアスケートが好きだったわけではなかった。なのに大学生まで続けて、さらに立場は変わろうと、就職先を蹴ってまで続けることになった理由を、大西はこう語る。

「反骨精神が旺盛なんですね。選手の頃は、『男のくせに』と言われて、それでものすごい悔しい思いをした。それが力になった。それに当時の関西の指導者の方々も女性ばかり。じゃあ変えてやろう、と」

 大西が指導を始めるにあたって、考えていたのはただ一つだった。
「日本一を目指す」

 そこにも、反骨精神があった。

「東京にいるとき、嫌な思いをしたんです。大阪から東京に移るにあたって、大阪の重鎮の方から『東京に行ったら世話になれよ』と言われていた方がいたんです。でも行ったら、相手にしてくれなかった。実績がなかったからでしょうね。それで、今に見とれ、覚えていろよ、と。でも勝ってから言わないと負け犬の遠吠えでしょう」


◆スパルタから指導スタイルが変化

 強い勝負へのこだわりがあった。だからか、指導方法は、「スパルタのひとことだった」と言う。
「加納なんかの頃はそうですね」

 それがいつしか変わったと言う。
「変わったと言っても、この10年くらいです」

 変わったきっかけが特にあるわけではなかった。反骨精神から、勝つことに執念を注いできた。選手を成長させようという思いも人一倍、強かった。だから、とことん、伸ばす方法を考え続けた。その時間の中でたどり着いた答えがあった。

「どうやったら子供を育てられるんだろう、どうやったら思いが伝わるんだろうということでした。何十年の間、ずっと考えていた。でも結局、なかったんですね。そして気づいたのは、子供は十人十色なんだということ。それぞれに合わせてやったらどうなるんやろう、と思うようになったんですね。そのとき、スパルタがなくなった。それがここ10年くらいです」

 スパルタから指導スタイルが変化した大西のもとにやってきた選手がいた。ソチ五輪シーズンを前に悩んでいた町田だった。

 以前の取材で、大西は当時をこう振り返っている。
「『何が目標や』。そこから話は始まりました」

 話す中で、もっとも気にかかったのは町田の意識だった。
「とにかく弱気だった。『僕は6番目ですから』とか、そんな発言ばかり」
 そこから変えようと試みた。
町田の「覚悟」、大西の「勝負へのこだわり」
 指導にあたっては、町田の頑固さを理解し、伝え方を工夫した。ストレートにスケートの話をしても受け取ってくれないだろう。だったら他の競技をたとえにしよう。
 そんな柔軟性は、スパルタを脱した大西だからこそだった。

 一方で、勝負へのこだわりは変わらなかった。町田を勝たせたい、そう考えていた。
 大西は、当時をこう語っている。
「まさに命懸けの練習でしたね」

 町田も当時をこう言葉にしている。
「これ以上はできないというくらいやりました」

 そこまで突き詰める練習をなしえたのは、町田の「覚悟」、大西の「勝負へのこだわり」、つまり選手を勝たせたいという執念の融合でもあった。

「自分のスタイルを、ただ一辺倒じゃなく選手ごとに見るように変えることができたのは、命がけで教えてきて、ときに苦労もあって、そんな経験を積んだからかもしれないですね」

 ふと、大西は言う。

 町田がソチ五輪へとたどり着いたのは、大西がとことん教えたスケーティングの向上にもあった。

 今、大西は、スケーティングをめぐり、日本のフィギュアスケートの今後に、危惧(きぐ)を抱いていると言う。

(第13回に続く/文中敬称略)



【スポーツナビ:大西先生記事】

<スポーツナビより:画像をお借りします>



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

本当に素晴らしい先生です

ちえさん こんにちは

大西先生大すきです。
町田君は繊細なところが長所であり弱点でもあった。そこを、抱擁力のある大人な大西先生に師事した事で、精神面が伸びたのでしょうね。
何回もの臨スポの廃止の危機をまともに背負いながら、沢山の素晴らしい選手を育てた凄い人だと思いました。
私の勝手なイメージなのですが、大西先生は、ユーモラスなところが吉田君に
似ている感じがして、逆ですよね。ユッチが大西先生似て来たんだろう。
これからも臨スポのボスに頑張ってもらって、3度目の五輪に選手を連れて行っていただきたいです。

あやさん


あやさん、こんにちは!
いつもありがとうございます♪

もうおっしゃる通りですね。
20年スケートやってき来た大人の選手の矯正をすることはすごく難しいと思うのに
大西先生すごいですよね。
町田くんもすごくがんばった!! ふたりとも尊敬しています。
ゆっちの性格、ほんとそうかもですね(^-^)/なるほど!
そうですね、3度目の五輪楽しみですね☆

WFSを買いました

ちえさん、こんにちは
でも、もう真っ暗です。改めて、今晩は、

やっと、WFS71号を手に入れました。
まっちーのとてもいい笑顔の写真が掲載されていてなんともいえない気もちになりました。元気をくれる笑顔でした。
暮れになる前に家事を頑張ります。そして、穏やかな気持ちで全日本を見たいです。1年が過ぎようとしています。春も来ますね。
まっちーの後輩さんたちが一人でも多く全日本で活躍してくれることを願っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あやさん


あやさん、こんばんは!
コメントほんとにありがとうございます♪
いつも嬉しいです!

なのにお返事すごく遅くなってしまって本当にごめんなさい。
超多忙につきブログを開く時間が取れませんでした。

WFS71号、買われましたか!(^-^)/それはよかったです。
CaOIの町田くん載ってますよね☆

鍵コメもありがとうございます!
迷惑なんて全くないですよ~~ご心配をお掛けしてしまって申し訳ありません。
逆に、そんなこと言う人もいるのか???とびっくりしています。なんで~?

嬉しいよる

ちえさん 今こんばんは

今日は嬉しいニュースが二つもあり、また明日から頑張れそうです。

町田君の学会デビュー本当に早くて嬉しい。
無事に成功して欲しいです。
継ぐ者よりこちらのニュースが嬉しいです。
育ての父の大西先生のお話も嬉しいニュースでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あやさん


あやさん、こんにちは。
いつもありがとうございます!(^-^)/

学会デビューのお話は私達ファンも嬉しいですね。
すごく早くてー。やっぱり相当努力されているんでしょうね。
トークセミナーの町田くん聞いてたらお話上手だし今回も緊張されるだろうけど
ばっちりだと思います。

大西先生の続編もうれしいですね☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
神戸に住む主婦の生活ブログ。

☆いつも拍手&コメントありがとうございます。
コメントは承認制にさせて頂いています。どうぞお気軽にコメント入れてくださいね。

神戸、カフェ、久保田利伸、
フィギュアスケートが好き。

2009年全日本eyeから高橋大輔選手を、2010年6月DOI「黒い瞳」から町田樹選手をずっと応援しています。現在は町田樹選手の考え方に深く共感し、町田くんを全力応援中。
大輔&真央はいつも心のオアシスです。

ペア、アイスダンスも大好き。


好きなもの:
カフェ、食器、インテリア、NY、紅茶






フィギュアスケート・ミュージック 2015-2016
<全曲視聴可能>




ワールド・フィギュアスケート 71
リプニツカヤ選手のインタビュー有








◆GPシリーズ前半戦ハイライト
◇スケートアメリカ
町田樹/今井遥
◆髙橋大輔引退表明会見
(2014.12.4発売)



町田樹選手2014-15SP曲「ラヴェンダーの咲く庭で(通常版) [DVD]
「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」はイギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」のテーマ曲




イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
(¥1548・在庫あり)



イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
【全曲視聴可能】
(町田選手使用曲は4曲目のヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー)




町田樹選手2014-15フリー曲:「ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」





MOOMIN ムーミン レトロフラワー マグカップ ピンク MM392-11
【町田樹さん愛用のマグカップ】






<ムーミン フタ付きマグカップ>






Sports Graphic Number Do Summer2014 達人が教える 山旅に行こう。 (Number PLUS)
「3食拝見!町田樹(フィギュアスケーター)」
<ムーミンマグカップ登場>



考える人 2014年夏号
町田樹「スケーターとしての強み」








「フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シングル読本」
【表紙:ソチ五輪代表争いする日本男子6人】町田樹・インタビュー











Sports Graphic Number PLUS「日本フィギュア ソチ冬季五輪完全保存版」 (Number PLUS 92号)
<とても綺麗な写真。町田樹選手インタも泣けます>



【町田樹2014-15】
SP:「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」
映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より

FS:交響曲第9番(第九)
  作曲ベートーヴェン



<高橋大輔選手愛用の香水>
軽くてとてもいい香り。強くないから気軽につけられると思います。








<コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー>
美味しくて容器も小さくて可愛い、大好きなクッキーです☆






茨木くみ子「ホームベーカリーで作るふとらないパン」~バター・オイルなしでもこんなにおいしい


茨木くみ子「ノンオイル、ノンバターの茨木さんちのおいしいお菓子」

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。