【Number Web】「町田の引退、羽生の緊急手術・・・。世界選手権での日本勢の展望は?」

昨日に引き続き、Number Webに、町田樹選手引退関連のコラムが掲載されています。

・いつ決断したのか。
・世界選手権への意欲はあったのか、なかったのか。

多くのファンはあれからこれらのことを思い、今も苦しんでいますが、
筆者の田村明子さんの考察が書かれています。


---------------------------------------



「町田の引退、羽生の緊急手術。世界選手権での日本勢の展望は?」
筆者:田村明子


http://number.bunshun.jp/articles/-/822464


年末の全日本選手権は、なんともドラマティックなものだった。

 大方の予想通りだった、羽生結弦の三連覇。小塚崇彦のSP6位から総合3位へのみごとな挽回。そしてベテランの強豪勢を退けて、堂々と2位入りした17歳の宇野昌磨。どれ1つ取り上げても、それぞれ多彩な物語を抱えた素晴らしい展開だった。

 だがこれらのドラマをすべて吹き飛ばすような起爆力を持っていたのは、言うまでもなく町田樹の引退宣言であっただろう。

「私はこの全日本選手権大会を持ちまして、現役のフィギュアスケート選手を引退することを本日(12月28日)、決断いたしました」

 総合4位に終わったとはいえ、日本スケート連盟は町田を世界選手権の代表に指名した。その発表の直後の引退宣言であっただけに、観客席からは悲鳴のようなどよめきがもれ、現場は騒然となった。

 彼の中で、いつ引退を決意したのかはわからない。だが恐らくその言葉通り、最終決断を下したのは当日のことだったのではないだろうか。

 この2週間前のバルセロナのGPファイナルでは、全日本で頑張らなくては次はない、というニュアンスのコメントを何度か口にしていた。この時点ではまだ、世界選手権に向けての意欲を持っていたことは間違いないと思う。

競技人生最後だからこその「第九」。

 10月にスケートアメリカで単独取材に応じた時、町田はこう語っていた。

「選手としてはとりあえずあまり長い視野は持っていないから、1年1年だと思っています。4年後平昌五輪まで頑張ります、とはとても言えない」

 もともとメダルを目標にして滑るタイプの選手ではなかった。常に順位のことよりもプログラムの完成度にこだわってきた町田だが、2014年のフリー、ベートーヴェンの「第九」への思い入れはまた格別だった。

「このプログラムを完成したときの幸福感と言うのは、絶大なものだと思う。それを手に入れるためには、同等の苦しみを乗り越えていかなくてはならないと思っています」

 全日本で見せたフリーは4回転での転倒などもあり、技術的に見ると決して「完成作品」ではなかった。だが町田は最後まで落ち着いた表情で、スケートに対する思いをこめながら演じているように見えた。


リンクへ黙祷を捧げた町田樹。

 演技終了してリンクを上がる前に、いつも通りかがんで片手で氷に触った。この習慣は「感謝の気持ち」を表現しているのだという。そして氷を下りると右手を胸に当てて黙祷を捧げるように数秒間、目を閉じた。

「何も思い残すことなく誇りを胸に、堂々と競技人生に終止符が打てます」この翌日、町田はそういい残して21年間続けてきたスケート競技に別れを宣言した。

 町田は体力的、能力的にまだまだ成長していける可能性を持った選手であるだけに、もう少し続けて欲しかった。せめて今シーズンを最後まで滑り、世界選手権でもう一度、「第九」に挑戦してくれていたら。これは筆者だけでなく、すべてのファンの思いではないかと思う。

 だが日本で1年の締めくくりとして演奏される「第九」という作品を選んだ時点で、年末の全日本選手権が最後の舞台となる可能性を、心のどこかで温めていたのではないだろうか。

 思い残すことはないという町田の気持ちの中で、この「第九」が完成作品になったのかどうか、わからない。だが今となっては私たちにできるのは、早稲田大学大学院にてセカンドキャリアに向かって突き進みたいという彼の思いを尊重して、本人が希望するように静かに見守ることだけである。

次々と去っていったトップ選手たち……。

 この過去1年間で、織田信成、安藤美姫、鈴木明子、高橋大輔、そして村主章枝と、日本が生んできた多くの名スケーターが、競技生活から去っていった。今回の町田の引退に比べれば、いずれの選手もある程度予測されていた引退ではあった。

 それでも日本を代表して、世界のリンクに多くの軌跡を残したトップスケーターが相次いで引退したことで、1つの時代の終わりを実感すると共に、一抹の寂しさを感じないわけにはいかない。


町田引退に続いて、羽生結弦手術の報が。

 そんな中、スケートファンにとっては続けざまの衝撃となるニュースが報道された。羽生結弦が腹痛を訴えて全日本選手権のエキジビションを欠場。精密検査の結果、尿膜管遺残症との診断されて30日に急遽手術を受けたのだという。

 10月には腰痛のためにフィンランディア杯を欠場し、シーズン初戦となった11月の中国杯ではウォームアップ中に中国の選手との衝突事故。今シーズンは羽生にとって厄年にあたってでもいるのかと思いたくなる、災難続きである。

 2週間の入院とその後1カ月の安静治療が必要と発表されたが、1月8日に「術後は徐々に回復しているが、今は焦らず治療に専念したいと思っている。練習はできないが、これも一つの幸運だと思い、次の一歩のための有意義な時間にしていきたい」と本人のコメントが発表された。

 今シーズン、無理に無理を重ねてきた羽生だが、今度こそしっかりと休養を取るべきなのではという世論の声も高い。だが本人は、すでに3月の世界選手権の出場に意欲を見せているという。

3月の上海・世界選手権に、間に合うのか?

 こうした現状の中で、3月末に上海で開催される予定の世界選手権は、日本男子にとってどのような大会になるのだろう。

 1つ明るいニュースは、2年前の怪我から不調を引きずっていた小塚崇彦が全日本ではフリーで見事な演技を見せて、表彰台に復帰してきたことである。久しぶりに本領を発揮した彼の滑りは、ベテランらしい品格に満ちた素晴らしいスケーティングだった。

 また今シーズン、一皮剥けたように磨きのかかった無良崇人は、引退した町田の意思を継いで代理出場となる。

 現時点で羽生の世界選手権出場が本当に可能なのかは未知数で、たとえ可能でも手術後回復したばかりの体で出場することが良い結果になるのかどうか、なんとも判断できない。だが日本チームに対する義務感だけで羽生が無理に出場する必要はないことだけは確かである。

 小塚と無良の二人が上海でしっかり自分の滑りを見せることができれば、この二人の成績で合計13以内という条件を満たして男子3枠を維持することはさほど難しくないだろう。羽生の早い回復を祈りながら、この二人がしっかり調整をしていってくれることを信じて見守りたい。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

町田くん

ちえさん、こんにちは。
今も毎日色んなところで町田くんへの想いを目にしますよね。
私も毎日のようにそれを追ってしまいます。
町田くんどうしてるかな元気にしてるかなっていつも思ってます。
当初、世界選手権に意欲を持っていたと聞くとちょっと切なくなってしまいます。
でも今は新たな夢に向かって着々と準備をしているのでしょうね。
私は一度もお会いした事がないので、夢のような人でした。
夢のような世界へ連れて行ってくれました。
今もそのまんま。
だからもうこのままの気持ちで進んで行こうと思ってます。
町田くんの引退、ほんとに切ないけれど昔から行きたかったフィギュアの観戦に駆り立てられました。
ちえさんの観戦記読ませてもらって楽しみになりましたし勉強になりました☆
新幹線も久しぶり、京都からの乗車ですがずいぶん前に乗って以来なので子供のように窓の外をかじりついて見てるかも(笑)


まーこさん


まーこさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

どうしてるかなと思うと切なくなりますよね。
皆さん、まだまだ泣きの涙のようです。

夢のような人なのでこれからもそのままの気持ちを大事にされていくんですね。
その通りの夢のような人だなぁと思っていました。
いつもファンの人に本当に優しくて温かい対応をして下さいました。心底優しい人なんだと思います。
こうして書いてたら泣けて来ました~

まーこさん、フィギュア観戦の決心されてたんですか?

フィギュア観戦☆

子供の頃からフィギュアスケートをテレビで観るのが大好きでした。
2年ほど前から町田くんのスケートや人となりに惹かれ、フィギュアってほんとに素晴らしいと改めて感じながら、いつか生で観戦したいと思ってたんです。
町田くんの演技はこれからはなかなか見るとこは出来ないかもしれないけど、町田くんの引退の決意を聞いて、やっぱりフィギュアスケートは素晴らしいんだと、実際に観て感じてみたいと思って決心したんです☆
国別EXなので少し先なので気が早いですが(笑)

まーこさん


まーこさんを観戦へを導いた町田くんの存在はやっぱり大きいですね。
国別、今となったら誰が出るかな~
男子も女子も想像はつくけれど!
楽しんで来て下さいね♪
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
神戸に住む主婦の生活ブログ。

☆いつも拍手&コメントありがとうございます。
コメントは承認制にさせて頂いています。どうぞお気軽にコメント入れてくださいね。

神戸、カフェ、久保田利伸、
フィギュアスケートが好き。

2009年全日本eyeから高橋大輔選手を、2010年6月DOI「黒い瞳」から町田樹選手をずっと応援しています。現在は町田樹選手の考え方に深く共感し、町田くんを全力応援中。
大輔&真央はいつも心のオアシスです。

ペア、アイスダンスも大好き。


好きなもの:
カフェ、食器、インテリア、NY、紅茶






フィギュアスケート・ミュージック 2015-2016
<全曲視聴可能>




ワールド・フィギュアスケート 71
リプニツカヤ選手のインタビュー有








◆GPシリーズ前半戦ハイライト
◇スケートアメリカ
町田樹/今井遥
◆髙橋大輔引退表明会見
(2014.12.4発売)



町田樹選手2014-15SP曲「ラヴェンダーの咲く庭で(通常版) [DVD]
「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」はイギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」のテーマ曲




イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
(¥1548・在庫あり)



イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
【全曲視聴可能】
(町田選手使用曲は4曲目のヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー)




町田樹選手2014-15フリー曲:「ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」





MOOMIN ムーミン レトロフラワー マグカップ ピンク MM392-11
【町田樹さん愛用のマグカップ】






<ムーミン フタ付きマグカップ>






Sports Graphic Number Do Summer2014 達人が教える 山旅に行こう。 (Number PLUS)
「3食拝見!町田樹(フィギュアスケーター)」
<ムーミンマグカップ登場>



考える人 2014年夏号
町田樹「スケーターとしての強み」








「フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シングル読本」
【表紙:ソチ五輪代表争いする日本男子6人】町田樹・インタビュー











Sports Graphic Number PLUS「日本フィギュア ソチ冬季五輪完全保存版」 (Number PLUS 92号)
<とても綺麗な写真。町田樹選手インタも泣けます>



【町田樹2014-15】
SP:「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」
映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より

FS:交響曲第9番(第九)
  作曲ベートーヴェン



<高橋大輔選手愛用の香水>
軽くてとてもいい香り。強くないから気軽につけられると思います。








<コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー>
美味しくて容器も小さくて可愛い、大好きなクッキーです☆






茨木くみ子「ホームベーカリーで作るふとらないパン」~バター・オイルなしでもこんなにおいしい


茨木くみ子「ノンオイル、ノンバターの茨木さんちのおいしいお菓子」

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード