スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【NEWS ポストセブン】町田樹の人生哲学「心を整えたいときは部屋を片付けます」((後編:人生編))

今回も非常に面白かったし、私が持ってた『町田樹の謎』がいくつか解けました。

町田樹選手がとても中身のある人で話の内容が面白いし、
このインタビューの聞き手の方もいいです。

最初の「結果を出す男」。すごーい。こう言って頂けるなんて名誉なことだな。

そして心に残るポイントがたくさんあって・・・
印刷してリビングに貼っておきます。


町田樹の人生哲学「心を整えたいときは部屋を片付けます」
2014.05.21 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20140521_256898.html
 ソチ五輪の昨シーズン、芸術性の高い演技と、個性豊かな語録で注目を集めたフィギュアスケートの町田樹選手。五輪には遠いと思われていた“第6の男”の位置から一気に駆け上がりソチ出場、続く初出場の世界選手権では銀メダルを獲得した。“結果を出す男”“言葉を持っている男”の哲学とは?
「競技も人生も、本にインスパイアされてきた」と語る町田選手に、本と、フィギュアと、町田樹の深い関係を聞いた。(後編:人生編)
* * *
■“一流”から学ぶ 本番で力を発揮する方法
 言葉を大事にするという町田選手は大の読書家である。『エデンの東』や『白夜行』など、愛読書からインスパイアされたプログラムを披露してきた。選手としての姿勢や生き方も、本から学ぶことが多いという。
「一流とはどういうことか、ということをよく考えます。僕はフィギュアスケーターとしても、人間としても一流になりたい。そのためにいろんな考え方や生き方を知りたくて本を読みます。
 たとえば『外科医 須磨久善』(海堂尊著)は折にふれて読み返す大切な本です。須磨先生は日本初の心臓難手術『バチスタ手術』を行った方。海堂さんは大、大、大好きな作家さんで、ほぼすべての本をハードカバーで持っている。須磨先生ご自身が書かれた『タッチ・ユア・ハート』ももちろん読みました」
 上記の本から学んだのは試合に臨む心構え、精神の落ち着かせ方。『チーム・バチスタの栄光』のモデルにもなった天才外科医の極意を、町田選手はどうやって自分のものにしていったのか。
「須磨先生は手術前に、あらゆる事態を想定すると書かれています。そうすると自ずと悲観的な考えになるのですが、悲観的なイメージを出し切ることで、次第にポジティブな方向へと変わっていくと。『手術前の扉に立つ瞬間には、絶対に成功するイメージをつかめるように流れをもっていく』と『外科医 須磨久善』にはあります。
 僕は以前は、試合前に、あの選手に勝つためにはジャンプの失敗は一回までとか、これくらいのスコア出さないと次につながらないとか、かなり考えていたんです。でも須磨先生の本を読んだこともあり、昨シーズンからは、練習と試合では“意識をスイッチ”するようにしました。
 練習では他選手を思い切り意識するし、スコアのことも緻密に考える。だけど、試合になったら一切忘れる。自信のあるプログラムを、心をこめてみなさまに届けることに一意専心する。練習の時はスポーツ選手だけど、試合では演技者として氷に立つようになりました。
 他にもいろいろ影響を受けています。僕の知ってる一流の方は“空間”を大切にしています。須磨先生も、場所や建築にこだわった病院を建てている。僕にとっても部屋は精神状態を表す鏡です。部屋が乱れているときは、たいてい僕の心が乱れているんですよ。
 そういうときは、心を整えなきゃと頑張るより先に、部屋を片付けちゃう。部屋がきれいになると心に作用して、おのずと落ち着いてくる。試合前などはホテルの部屋も自分のポリシーでいい空間に設えています」
 フィギュアスケートの練習にも本の影響があるという。ファンならご存知の町田選手のコンパルソリー練習。昨シーズン、町田選手が練習に取り入れたフィギュアスケートの基礎練習だ。
「須磨先生に限らず、偉人たちは基礎や初心を大切にしています。僕は伸び悩んでいた時期に何かを変えないといけないと考え、もう一度、基礎を学び直すことにしました。土台を広く頑丈にすれば、その上に積み重ねられるものが増えると考えたのです」
■嫌い嫌いといいながら、嫌いなものを食べつづける
 心臓外科医の頂点に至った須磨氏だが、初めてバチスタ手術を行った患者は手術後に死亡。大いなる悲嘆にくれた。だが須磨氏は諦めなった。須磨氏を慕う町田選手の場合はどうか。スポーツにはつきものの“失敗”への対処方は。
「失敗は成功のもと、と当たり前のように言われますが、本当にその通りだと思います。20年のスケート人生を振り返ると失敗の方が多い、というより、失敗だらけ。だから落ち込んでいるわけにはいかないんです。スケートに限らず、どんなに努力して準備しても、結果を完全にコントロールすることはできません。成功したとしても、自分でつかみとった面もあるでしょうが、偶然性も否定できない。
 だから僕はこう考えるようにしています。起こってしまったことは偶然かもしれないけど、そこから何かを学び取ることは必然だと。そしてこの考え方も海堂さんの作品から学びました。
 僕の場合は、なぜ失敗したかを分析して、同じ失敗をしないように心掛けます。言ってみれば一つの失敗は、同じ失敗をしないための失敗。一つ失敗することで、失敗をする可能性が一つ減ったと考える。一方で、成功の後は必ず落とし穴が待っています。これは僕の甘さゆえでもあるのですが。だから昨シーズンは、グランプリシリーズで優勝してもすぐに優勝は捨て去ったし、世界選手権の銀メダルにも依存してはいけないと考えています」

他の愛読書を問うと、口をついて出くるだけでも東野圭吾、沢木耕太郎、『たったひとつの冴えたやりかた』で知られるSF作家・ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア、ヘーゲルの哲学書まで幅広い。ノンフィクションや新書も読む。この“懐の深さ”は、町田選手を理解する一つのキーワードのようだ。
「僕のポリシーは何でも読むし、最後まで読む。まず、読み始めたら最後まで読みます。じゃないと次にいけない性格(笑)。だから、僕の趣味にあまり合わなかった本も、95%理解不能でも、悪態をつきながらでも読む。そうすると後に、あの時読んだ言葉ってこのことだったのかなとふと気付く瞬間があるんです。たまにですけど。
 ジャンルも選びません。どんな登場人物も物語も受け入れられないということはほとんどありません。好き嫌いがないのは本に限ったことではないですね。食べ物にもない。子供の頃は刺身が苦手だったのですが、嫌い嫌いといいながら食べているうちに好きになっていました。
 人間関係でも、苦手だなと思う人がいたら、あえてコミュニケーションをとって、なぜ自分が苦手と感じたのか知りたいと思う。いろんな人の考えを知って刺激を受けたいし、そうすることで自分の考えが構築されていくのが心地よいんです。
 ただ弊害もあって、一貫性が薄れる場合もある。一年前の発言と違うじゃないか、と思われる方がいらっしゃるかもしれません。それは人やもの、そして本に影響されて僕自身が変わっていっているからで、ご理解いただけたら幸いです(笑)」
■プロフィール
町田樹(まちだ・たつき)
1990年神奈川県川崎市生まれ、広島市育ち。関西大学在学中。3歳よりフィギュアスケートを始める。高橋大輔選手に憧れ高校、大学と同じ道を歩む。2013-14シーズンの世界選手権は羽生結弦選手(優勝)に0.33点の僅差で2位。趣味は読書のほかに音楽鑑賞、ファッション、紅茶
■撮影/山崎力夫


(後編)②


まずは、タイトルにもなった「部屋の乱れは心の乱れ」。
これは本当に言えてますね。耳が痛い。
部屋の片づけをしたら心が本当にスッキリしますもんね。
実行なるのみ。そして片づけたらそれをキープ。

町田樹選手の愛読書ジャンルが幅が広いことを『懐の深さ』と表して、彼を理解するキーワードとしてる所がなるほどねと思いました。言えてる。

そして、ここからが『いくつか解けた町田樹の謎』についてですが、

1)昨季(13-14)、練習と試合とで意識をスイッチ出来た理由
今まで高い実力があるのに試合でうまく行かないことがあり、でも五輪シーズンは初戦からそれが見事に解消されていたから、その訳を知りたいとずっと思って来ました。それは大西先生からの自分を認めてくれる言葉だったのかな?と思ってたけど、(それもあるんだろうけど)、そういうことだったのか~と思いました。

2)ねばり強い性格なのでは?と思って来たけど、やはりそうだったんだ!
読み始めた本は最後まで読む・・苦手な人がいたらあえて・・などはねばり強いし根性もある。

3)一年前と発言が違うじゃないかと思われてる方も
ほんと、そうです^^進退のことでも大きく発言が何回か変わって来てます。でも全然悪いことでもなんでもなく、ただそれに関してどういう気持ちなのかな?質問したいわとずっと思っていたので、気持ちがはっきりわかってスッキリしました。人や物や本に影響されて自分の気持ちが変わって行くことなんてよくあることですもんね。町田くんの場合、とにかくよく考える人のようだから(頭の中はいつもフル回転なのでは?だから時々頭を休めたくなるのでは?)、だからこそ変わって行くのでしょうね。素敵です。


このインタビュー、生きていく上で私が気をつけたい事がたくさん織り込まれているわ。
昨日から何度も繰り返し読んでます。

面白いです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

今回の記事、内容が濃くってよかったですね^ ^

いろいろ深く考えているんだなと改めて思いました。
私が同じ年齢の頃なんてそこまで考えていませんでしたよ。

部屋の乱れは心の乱れ、、
さっそく部屋を掃除しちゃいました。

みーごんさん

こんばんは!
今回の記事良かったですね。
最近、メディアに登場してくれることが多くなって喜んでます。

そうですね、先のことを考えられる町田くんは立派だなと思います!

私もまずは部屋の片づけだな~がんばろう(*´∇`)ノ♪

No title

ちえさん、こんばんは。

このインタ、いいですよね!

私も、1年前と発言が違う、の樹選手の説明がすんごい好きです。ぶれてるんじゃない、ドンドン進化してるんだって思います。

私も、ちえさんと同じく、樹選手は時間があれば考え事をしている人ではないかと思います。考えすぎてネガティブに傾きすぎる所を抑えて、前向きな反省に変えられる所が素晴らしいですよね。

のり冬さん


すごくいいインタでしたね!
そうですよね、進化の過程で発言が変わることはありますよね。

あ~なるほど。ついネガティブに傾くというのは考えてるからこそですね。
自分をコントロールして強くなった姿を見られるのはとっても幸せです(^O^)」
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
神戸に住む主婦の生活ブログ。

☆いつも拍手&コメントありがとうございます。
コメントは承認制にさせて頂いています。どうぞお気軽にコメント入れてくださいね。

神戸、カフェ、久保田利伸、
フィギュアスケートが好き。

2009年全日本eyeから高橋大輔選手を、2010年6月DOI「黒い瞳」から町田樹選手をずっと応援しています。現在は町田樹選手の考え方に深く共感し、町田くんを全力応援中。
大輔&真央はいつも心のオアシスです。

ペア、アイスダンスも大好き。


好きなもの:
カフェ、食器、インテリア、NY、紅茶






フィギュアスケート・ミュージック 2015-2016
<全曲視聴可能>




ワールド・フィギュアスケート 71
リプニツカヤ選手のインタビュー有








◆GPシリーズ前半戦ハイライト
◇スケートアメリカ
町田樹/今井遥
◆髙橋大輔引退表明会見
(2014.12.4発売)



町田樹選手2014-15SP曲「ラヴェンダーの咲く庭で(通常版) [DVD]
「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」はイギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」のテーマ曲




イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
(¥1548・在庫あり)



イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
【全曲視聴可能】
(町田選手使用曲は4曲目のヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー)




町田樹選手2014-15フリー曲:「ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」





MOOMIN ムーミン レトロフラワー マグカップ ピンク MM392-11
【町田樹さん愛用のマグカップ】






<ムーミン フタ付きマグカップ>






Sports Graphic Number Do Summer2014 達人が教える 山旅に行こう。 (Number PLUS)
「3食拝見!町田樹(フィギュアスケーター)」
<ムーミンマグカップ登場>



考える人 2014年夏号
町田樹「スケーターとしての強み」








「フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シングル読本」
【表紙:ソチ五輪代表争いする日本男子6人】町田樹・インタビュー











Sports Graphic Number PLUS「日本フィギュア ソチ冬季五輪完全保存版」 (Number PLUS 92号)
<とても綺麗な写真。町田樹選手インタも泣けます>



【町田樹2014-15】
SP:「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」
映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より

FS:交響曲第9番(第九)
  作曲ベートーヴェン



<高橋大輔選手愛用の香水>
軽くてとてもいい香り。強くないから気軽につけられると思います。








<コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー>
美味しくて容器も小さくて可愛い、大好きなクッキーです☆






茨木くみ子「ホームベーカリーで作るふとらないパン」~バター・オイルなしでもこんなにおいしい


茨木くみ子「ノンオイル、ノンバターの茨木さんちのおいしいお菓子」

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。