本田真凜はなぜシニアデビューで 失速したのか。早くも迎えた正念場



本田真凜はなぜシニアデビューで
失速したのか。早くも迎えた正念場

2018.1.14
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/figure/2018/01/14/post_3/index.php

ジュニア時代に世界王者になるなどの実績を残して、鳴り物入りでのシニアデビュー。フィギュアスケート界で今季、誰よりもメディアの注目を浴びたのが本田真凜だった。テレビではフィギュア一家の一員として特番を組まれ、CMにも出演。周囲の期待は凄まじかったのではないか。


 本田本人は注目されることが好きなタイプ。それほど苦痛とは思わなかったかもしれないが、平昌五輪出場を目指していた16歳には相当のプレッシャーがかかっていたはずだ。

「オリンピック出場を目指して全力で頑張っていきたいです。シニアの世界がわからないので、自分がどういう演技ができて、どういう結果が出るかを楽しみにしています」

 初めてのシニアシーズンを迎えて、本田自身が一番ワクワクしていたに違いない。自分なりの自信を持って、年上のシニア勢を相手に挑戦者として戦うつもりだった。

 シーズン初戦となったUSインターナショナルクラシックでいきなり優勝。幸先のいいスタートを切ったが、このシニアでの初勝利が心に油断を生じさせたのかもしれない。ジュニアでの実績もあるだけに、もしかしたらこの調子でグランプリ(GP)シリーズ大会でも表彰台に上ることができるのではないか。本人がそう思ったとしても仕方がないし、周囲もそれを期待した。

「GP2大会はひとつひとつの試合ですが、4つ(ショートプログラム<SP>2回とフリー2回)でひとつのセットと考えてやりたいなと思っているので、ひとつのプログラムが終わるたびに、シニアでの自分に自信が持てるような演技がどんどんできるようにしたいです」

 そう言ってスケートカナダと中国杯に挑んだ本田。やればできると信じて練習を積んできたつもりだったが、そうならなかったことは試合結果からも演技内容からも明白だった。

「シニアの試合だから失敗したというわけではなく、今回はすごく練習したつもりだったんですけど、自分がまだまだ甘かったかなと思います」

 スケートカナダではジャンプの失敗を連発したり、スピンやステップでレベル4が取れなかったりと、SPで10位と出遅れた。フリーでは最低限のミスにとどめて3位まで浮上したが、総合5位に終わった。試合で緊張しないという本田だけに、調整不足は否めなかった。

 フリーが終わって結果が出た後、報道陣に囲まれた濱田美栄コーチからは厳しい言葉が並んだ。

「練習が行き届いていたら、ジャンプは失敗しても他のもので得点は取れていたのに、全部落とした。まだまだ練習が全然足りなかった。本当の実力が出たと思う。精神的にも技術的にもまだまだ足りないところばかりだった。いい勉強になればいいけど、とにかく練習をしないから、ひとつが狂うと立て直せない。試合を想定した練習もできていなかった。明らかに練習不足だったので、成績が振るわなかったことに驚きはない」

 そんなGP初戦が終わってすぐの中国杯でも悪い流れを変えることはできず、2戦続けての総合5位に甘んじた。

 シーズン当初から「五輪出場が夢なので、それを目指したい」と意気込んでいた本田だが、現実の五輪代表選考レースでは最後尾を走ることになってしまう。GP2大会で結果を出せなかったことで、平昌五輪代表になるチャンスは、最終選考会の全日本選手権で優勝することだけとなった。

 11月上旬の中国杯から12月下旬の全日本選手権までの約1カ月半。本田は「自分なりの練習を納得いくまで積んできた」と話していた。だがその大一番も、ミスが許されないSPでジャンプに失敗して6位発進。巻き返しを図ったフリーでもジャンプに精彩を欠き、ミスを連発してまさかの9位に沈み、総合7位に終わった。

 濱田コーチはこうも言った。


「演技が自己満足、自己陶酔になると、なかなか相手に伝わらない。真凜はプログラムを自分流にしすぎて、自分よがりになってしまっていた。それと、やっぱりまずはちゃんと練習をやることを覚えてほしい。シニアで戦うような練習ではなかったので、結果としては当然だったと思うし、これが彼女の実力ですね。練習は嘘をつかないですから」

 厳しい言葉をズバズバと本田に投げかけた濱田コーチだが、それは彼女に豊かな才能があることを認めているからこそでもある。愛のムチであることは言うまでもない。それだけに本田自身が、姉弟子の宮原知子のように地味な練習をコツコツと積み重ねていくことができるようになれば、自然と底力がついてくるはずだ。

 秘めた素質を大きく花開かせるかどうかは、来季に向けた取り組みと本田自身の気持ちにかかってくることは間違いない。華やかではあるが器用貧乏な選手のままで終わるか、努力の天才となるか。本田にとってはシニア2年目となる来季が、スケート人生の正念場のシーズンになるかもしれない。

辛仁夏●文




本田真凜 2017全日本SP スポーツナビ

【坂本清】 スポーツナビより
全日本2017 SP





バレンタイン 新宿高野 フルーツチョコレート平袋



スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

本田真凜「見つめ直したい」五輪逃して気づいたコト<敗れざる者たち(3)>



本田真凜「見つめ直したい」五輪逃して気づいたコト
日刊スポーツ 2017年12月29日8時1分 紙面から
https://www.nikkansports.com/sports/column/figurekoi/news/201712280000162.html


<敗れざる者たち(3)>

 シニアの世界は、自分の想像をはるかに超えていた。12月23日、平昌(ピョンチャン)五輪代表争いの裏側で、全日本選手権を7位で終えた本田は目を真っ赤にした。リンク裏の取材エリアで涙をこぼし「スケートでの夢が五輪なので、今日、自分ができなかったことをずっと心に留めておきたい」と丁寧に言葉を紡いだ。

 3月、世界ジュニア選手権で五輪金メダル候補のザギトワ(ロシア)に次ぐ2位に入った。「ショート(プログラム=SP)はノーミスが絶対条件。でも、フリーはハラハラしてもらう演技を続けて、大事なところだけを頑張りたい」。ここぞの大会で見せてきた集中力に、自信があった。

 それを覆された転機が、10月のグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダだった。SPは12人中10位。ジャンプだけでなく、スピンの回転数が足りないなど、頭は真っ白。放心状態になっていると、浜田コーチから「スピンは裏切らない。よく練習している人はできる。本当の意味での執念がない」と厳しい言葉を投げかけられた。

 それでも本田は素直な心境をこう明かした。「自分の中ではしっかり練習したつもりだった。そこに関してはもっと増やせばいいのか、質の良い練習をすればいいのか分からないけれど、全日本までに自分の出す答えが分かると思います」。その時点では自分の価値観と、周囲の目を擦り合わせることができなかった。

 11月上旬のGP中国杯を終え、取り組む姿勢が少し変わった。約1カ月半の間「嫌い」と公言するスピン練習の時間を増やし、浜田コーチからも「真凜にしてはよくやってくれた」と評された。1年間、どんなに苦しくても言葉にし続けた「五輪に出たい」という決意。目標を決して隠すことがなかった本田が、五輪切符を逃して気付いた。

 「シニアの舞台で全然、結果も残せていない。少し間違いがあったのかなと思う。見つめ直したい」

 スケート人生で最大の挫折かもしれない。だが、まだ16歳。この無念を晴らす時間はたっぷりある。【松本航】



全日本2017 本田真凜FS






フィギュアスケート名曲 ベスト キング・ベスト・セレクト・ライブラリー2017



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ちえ

Author:ちえ
神戸に住む主婦の生活ブログ。

☆いつも拍手&コメントありがとうございます。
コメントは承認制にさせて頂いています。どうぞお気軽にコメント入れてくださいね。

神戸、カフェ、久保田利伸、
フィギュアスケートが好き。

2009年全日本eyeから高橋大輔選手を、2010年6月DOI「黒い瞳」から町田樹選手をずっと応援しています。
現役選手ではボーヤン・ジン、ネイサン・チェン、宮原知子、紀平梨花、三原舞依、白岩優奈、坂本花織、樋口新葉、須本光希、島田高志郎選手等を応援中。
大輔&真央はいつも心のオアシスです。

ペア、アイスダンスも大好き。




共働きごはん」(上田淳子さん:あさイチなど出演)
共働きじゃなくても晩ごはん作りに役立ちます。簡単・作りやすい・美味しい。ガパオライスなどリピートしています。





オーガニック《 私たちが作った“屋久島有機紅富貴紅茶”です 》屋久島自然栽培茶100g 無農薬/無化学肥料/無飛散農薬【合計2000円以上無料配達・2000円未満108円】
国産・無農薬・オーガニック紅茶。濃くて美味しいです。





イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
【全曲視聴可能】
(町田選手使用曲は4曲目のヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー)





MOOMIN ムーミン レトロフラワー マグカップ ピンク MM392-11
【町田樹さん愛用のマグカップ】





Sports Graphic Number Do Summer2014 達人が教える 山旅に行こう。 (Number PLUS)
「3食拝見!町田樹(フィギュアスケーター)」
<ムーミンマグカップ登場>







「フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シングル読本」
【表紙:ソチ五輪代表争いする日本男子6人】町田樹・インタビュー






<高橋大輔選手愛用の香水>
軽くてとてもいい香り。強くないから気軽につけられると思います。








<コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー>
容器も可愛いクッキーです☆






茨木くみ子「ホームベーカリーで作るふとらないパン」~バター・オイルなしでもこんなにおいしい


茨木くみ子「ノンオイル、ノンバターの茨木さんちのおいしいお菓子」

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード