高橋大輔さん、刑事選手を応援指導「どうしてもオリンピックに出てほしい後輩」



何度も書くけれど、高橋大輔さんの厳しい指導があったからこそ、
刑事くんのあの引き締まった表情と演技になったのですね。

応援指導中の地元ニュース動画も見ました。
ああやってアドバイスしていたのね。

普段の練習拠点、兵庫県西宮市のリンク以外で練習をした理由もなるほど、と思いました。
単に深夜だったから別のリンクで・・というわけじゃなかったのですね。
深い理由があったのですね。


それから、
大ちゃんは謙遜して「ちょっとアドバイスを」と言ってるけれど、
刑事くんのあの集中した表情と演技を見たら、
アドバイスどころじゃなかったと思うわ。
熱血応援指導だったと私は思っています。

「どうしてもオリンピックに出てほしい後輩」
大ちゃん、ここまで思っていたのね。
林先生や歌子先生が刑事くんに付いていたという縁が始まりだったのかもしれない。
人と人とのつながりの深さを改めて感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


田中選手、高橋さんからバトン フィギュア男子 直伝の技で五輪へ
山陽新聞 (2018年01月01日 06時00分 更新)
http://www.sanyonews.jp/article/648665

韓国・平昌で2月に開幕する冬季五輪フィギュアスケート男子に倉敷芸科大大学院の田中刑事選手(23)=倉敷市出身=が出場する。晴れの代表権獲得へ陰でサポートしたのが、前回ソチ大会まで3大会連続で五輪に出場した同郷の高橋大輔さん(31)だった。「ずっと大ちゃんに憧れてきた」「続くのは刑事しかいない」―。大先輩からのバトンをがっちり受け取り、夢の銀盤にたどり着いた。

 五輪最終選考会となる全日本選手権を2週間後に控えた昨年12月上旬。田中選手は大阪市内のスケートリンクで深夜の練習を積んでいた。そのそばで寄り添うように指導する五輪メダリスト。高橋さんは身ぶり手ぶりを交えて細かな動きを説明し、田中選手がそれをなぞるように氷上で表現する。その演技は目に見えて洗練されていった。

■視 線

 たった3枚の五輪切符を争う全日本選手権で、あと数点を上積みするための総仕上げの特訓だった。高橋さんは、田中選手への本格指導は初めてだったが「ちょっとした雰囲気づくりが大きく点数に響くから」と二つ返事で引き受けた。

 「自分では気付けない部分」と思いも寄らない指摘を受けたのは「視線」だったと田中選手は言う。演技中、足元や滑る方向に気を取られるあまり、目に力が宿らず、審判や観客へのアピールが物足りないと。さらに指の先まで神経を行き届かせたり、音楽に合わせ表情を切り替えたり…。繊細な表現力で世界を魅了した高橋さん直伝の技は、本番で大いに生きることになる。

 7500人もの大観衆で埋まった全日本選手権では、視線を上げ、リンク四方に投げ掛けることを意識した。フリー演技を終え、観客を総立ちにさせる出来栄え。ジャッジからも「音楽の解釈」「表現力」の項目で9点前後の高評価を受け、準優勝。圧倒的な存在感で代表の座を射止めた。

■後押し

 3度の五輪を経験してたどり着いた境地を全て注ぎ込んだ。その思いを高橋さんはこう明かす。「どうしてもオリンピックに出てほしい後輩。僕に続けるのは刑事しかいないから」

 全日本選手権の3週間ほど前から行った強化練習では、早朝から深夜まで続くハードメニューで限界まで体を追い込んだ。実はこれも「不安を消し去るまでやり込むしかない」という高橋さんの提案だった。

 五輪を懸けた全日本には魔物がすむ―といわれるほど、平常心で戦うのは難しい。大阪のリンクでの練習を勧めたのは、観客席がある広い空間に慣れ、普段の練習拠点と異なる氷で滑っておくことも鍵だと考えたからだ。こうしたノウハウを吸収したことが大きな後押しになった。

■同じ道

 2人は不思議なほど同じ道を歩んできた。

 ともに倉敷市南部の連島地区で生まれ育った。7歳で地元の倉敷フィギュアスケーティングクラブ(FSC)で競技を始め、倉敷・連島中3年で冬季国体を制したのも同じ。高校1年時に2人は世界ジュニア選手権でメダルを獲得した。

 倉敷FSCの佐々木美行監督(60)に基礎を習い、現在師事する林祐輔コーチ(40)もかつては高橋さんを指導していた。だからだろうか、男くささを感じさせるステップもどこか似てきている。

 そんな“後継者”が忘れられないのが15歳の頃、テレビにかじりついて見た2010年バンクーバー五輪での先輩の勇姿だ。日本男子初となる銅メダルを獲得した全身全霊の滑りは今も語り草となっている。

 平昌での戦いまであと1カ月余り。「見る人の記憶に残る演技をする」。心に響かせる表現力で先輩を追い掛ける。



2018.1.1 平昌五輪代表を決める全日本選手権に向けて、高橋大輔さんの指導を受ける田中刑事選手=昨年12月6日、大阪市内(山陽新聞)

平昌五輪代表を決める全日本選手権に向けて、高橋大輔さん(右)の指導を受ける田中刑事選手=昨年12月6日、大阪市内(田村文明撮影)







 たなか・けいじ 1994年倉敷市生まれ。連島神亀小―連島中―理大付高―倉敷芸科大。倉敷FSCで7歳から競技を始め、全国中学校大会、全国高校総体、全日本ジュニア選手権と国内タイトルを総なめにする。昨季はNHK杯3位、全日本選手権2位で初の世界選手権代表に選出。名前の由来は「正義感の強い子に育ってほしい」との思いから。173センチ、68キロ。

 たかはし・だいすけ 1986年倉敷市生まれ。連島西浦小―連島中―翠松高―関大―関大大学院。岡山勢初の冬季五輪出場となった2006年トリノ大会8位、10年バンクーバーで銅メダル、14年ソチは6位と、3大会連続入賞を果たした。14年10月に引退し、現在はプロとしてアイスショーなどに出演している。165センチ、59キロ。



スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

(日経コラム)五輪につながる精神力 高橋大輔



なるほど、大ちゃん。
刑事くんをそういうところでも支えていたのね。

それから、刑事くんと無良くんの違いに関しても全く同感であります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



五輪につながる精神力  高橋大輔
日本経済新聞 2017年12月27日
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO25122120W7A221C1UU8000/

今回の全日本選手権は、平昌五輪代表がかかった選手たちに、フリーで転倒といった大きなミスがほとんどなかった。精神力の強さに感動した。

 女子の宮原知子はジャンプの回転不足はあったが、それ以外は問題なし。女王の演技だった。坂本花織はショートプログラムだけでなく、フリーは最終滑走でジャンプを決めてみせた。メンタルの強さが「五輪でもやってくれるんじゃないか」という期待を抱かせ、評価された印象だ。

 ただ、国内大会と国際大会、特に五輪は採点の傾向が異なる。坂本はこのままだと演技構成点で伸び悩むかな、と思う。まだ大ざっぱなところが目立つトランジションで細かく気をつけ、一つ一つのポジションで指先まで神経が行き届くようにする必要がある。

 男子は田中刑事が五輪切符をつかんだ。4回転ジャンプをフリーで1本に抑えた無良崇人の執念と気迫も素晴らしかった。それ以上に4回転を3本入れた田中の挑戦への心意気が勝った感じだ。田中は同郷で、子供時代から知っている。試合期間が空いた時期、練習リンクとは感覚が変わる、客席もある大きなリンクの貸し切りをすすめた。観客を意識し、演技全体を大きく見せる練習にいいからだ。

 優勝した宇野昌磨はまた納得のいく演技ができず、がっかりしていた。いろいろできるが故の悩みかもしれない。今季、試合ごとにジャンプ構成を変えるので、微妙なズレに気づきにくくなっているのだろう。その点、これしかできないという選手は毎試合同じ構成をするので、問題点には気づきやすくなる。

 しかし、器用さは宇野の強み。今のようなジャンプ構成が肉体的に無理になる時期がいずれ来る。2、3度目と今後も五輪を狙える年齢だ。今、やれることをやりつくして学ぶのもいい。

 ケガで全日本を欠場した羽生結弦を選んだのは妥当だ。メンタルが強く、観客の声援を力に変えられる選手だから、五輪がぶっつけ本番でもさほど心配していない。1カ月以上も氷に乗れていないのは気がかりだ。五輪1カ月前までに1日に跳ぶジャンプの回数は制限しても、プログラムを通せる状態なら間に合うと思う。

(バンクーバー五輪銅メダリスト)



2017.12.27 日経コラム 高橋大輔












テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

日経新聞:高橋大輔「STEP STEP STEP 平昌へ、迫る選考」




日経新聞・電子版 2017/12/12 22:47
高橋大輔「STEP STEP STEP 平昌へ、迫る選考」

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2455943012122017935M00/


シーズン前半戦が終了、いよいよ各国で平昌五輪選考会が始まる。

 女子は世界女王エフゲニア・メドベージェワを筆頭に、ここまでは技術力の高いロシア勢が目立つ。前半のハイライト、グランプリ(GP)ファイナルはジャンプ力のあるアリーナ・ザギトワが制した。まだジュニアっぽさも残るが、身のこなしやポーズは美しい。骨折でGPファイナルを欠場したメドベージェワの状態次第だが、いい勝負になるかもしれない。

 「これぞフィギュアスケート」と別格のスケーティングを見せたのは、カロリナ・コストナー(イタリア)とケイトリン・オズモンド(カナダ)。抑揚の少ない難曲でも観客の気をそらさないコストナー、ドラマチックな曲「ブラックスワン」に負けない強さを持つオズモンド。この2人は迫力が違った。

 混戦の日本女子五輪代表争いは、宮原知子と樋口新葉が一歩リードした感じ。宮原はジャンプ練習を再開した直後は「どうなることか?」と心配したが、戻ってきた。ジャンプができなかった分、プログラムは滑り込んでいて隙がない。樋口のプログラムも内容が濃い。ミスがなければ、この2人は世界で通用する得点が出る。昨季飛躍した三原舞依は苦戦しているようだ。注目度が増して本人は大変だろう。ただ、こうした経験は演技の味や深みにつながる。

 男子はジャンプ構成が高難度になりすぎて、試合が始まらないと分からない部分が多い。しかし、五輪の金メダル争いは羽生結弦、宇野昌磨、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、ネーサン・チェン(米国)で絞られたかなと思う。

 シニアに上がって3年目になると、男子はトップ選手として名実ともに認知される印象がある。宇野が3季目だ。もともとスケーティングのうまさはパトリック・チャン(カナダ)と双璧だと僕は思っていた。やっと高い演技構成点が安定して出るようになった。シニア2季目のチェンはセンスを感じさせるものの発展途上。足さばきがうまくキレがあるが、氷に食い込むような粘りがまだ弱い。

 羽生は治療が最優先だろう。痛みを抱えたまま焦ってジャンプを跳ぶとタイミングが少しずつずれ、修正が難しくなる。勝負強い選手だ。五輪本番に一発合わせるのも策だと思う。

(バンクーバー五輪銅メダリスト)




浅田真央 私のスケート人生



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

高橋大輔「来季はスケートをメインに考えていく生活を」



大ちゃん、

「来シーズンはスケートをメインに考えて集中していくような生活をおくりたいと思っています」

ということですが、今季も結構ショー入ってましたよね。
XOI、SOI、PIW、THE ICE大阪、FOI・・・と。

これ以上増やすとなると実際問題どうなん?

FaOIにまた出るとか?

それとも、メダル・ウィナーズ・オープンに挑戦するとか?
わたしはずっとそれを期待してます。
大ちゃんと織田くんの2人出場で。
もちろん、町田くんにも出て欲しい。関大3兄弟よ、再び!
絶対面白いし、絶対盛り上がる!

オファーはきっとあるだろうけど大ちゃんはOKしないだろうな。
でも見たい。一日限りの現役復帰。




◆高橋大輔の挑戦(上) 「僕が一番」気持ちは変わらない
2016年06月16日
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/project/cafe/20160615-OYT8T50053.html?from=yartcl_popin



◆高橋大輔の挑戦(中) ダンサーデビュー、「いい経験に」
2016年06月17日
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/project/cafe/20160615-OYT8T50054.html?from=yartcl_popin




◆高橋大輔の挑戦(下) リオ五輪キャスター「自分らしく」
2016年06月18日
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/project/cafe/20160615-OYT8T50055.html?from=yartcl_popin




【だいすけ:読売オンライン大手小町2016.6】




「KISS & CRY~氷上の美しき勇者たち 別冊 Dance! Dance!! Dance!!!2016~真夏の舞」
2016年6月20日発売




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「高橋大輔氏 フィギュアスケート中継の顔に」(デイリースポーツ)


ついに大ちゃんがフュギュアスケート中継に顔を出すのね。
デイリースポーツが報じています。

感慨深いといいましょうか。
生中継でのやり取り大丈夫ー?(^^)
あれ、むつかしいと思うよ!今から余計なヤキモキしてしまうではないですか(≧∇≦)

今月のボストンワールドで都内からゲストとして現地の荒川さんとやり取りして、
本格的にナビゲーターとしては今年12月の全日本から、、、、と。




高橋大輔氏 来季フィギュア中継の顔に
2016年3月9日 デイリースポーツ 
http://www.daily.co.jp/gossip/2016/03/09/0008874482.shtml?pg=2


【大ちゃん】

 フジテレビ・フィギュア中継の顔としてナビゲーターに就任した高橋大輔氏
 
 16年12月に同局が中継する「全日本選手権」を皮切りに“高橋ナビ”は加速。現地取材や羽生結弦(21)らへの選手インタビューも予定される。高橋氏は「来シーズンから“ナビゲーター”として皆様にフィギュアスケートを楽しんでいただけるよう努めてまいりたい」と“フジの顔”として挑む中継に意欲を見せた。

 就任前からフィギュアの魅力を伝える機会も得た。ゲスト出演する世界選手権中継では、都内から現地・アメリカで解説する06年トリノ五輪金メダルの荒川静香氏(34)と、やりとりする。高橋氏は「世界最高峰の戦いに参戦する日本代表選手を応援できることを楽しみにしています」と引退後、初の中継を楽しみに待っている。

 同局の加納慎介プロデューサーは「臨場感あふれる中継をナビゲートしていただき、新しいスタイルの番組をお届けできれば」と期待を寄せている。

 高橋氏は14年10月に引退を表明後、米国留学を経験。プロスケーターとしてアイスショーに出演するほか、6月30日開幕のダンスショー「LOVE ON THE FLOOR」にゲストダンサーとして出演するなど活動の幅を広げている。




◆【オリコン】高橋大輔氏、フジ“フィギュア中継の顔”に 来季ナビゲーターに決定
2016-03-09 10:38
http://www.oricon.co.jp/news/2068188/full/?ref_cd=tw




DANCE MAGAZINE (ダンスマガジン) 2016年 04月号 パリ・オペラ座 オーレリ・デュポン芸術監督へ & シルヴィ・ギエム アンコール特別企画
◆Special Interview 高橋大輔
日本を代表するフィギュアスケーターが目の当たりにしたギエムの“凄さ"



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ちえ

Author:ちえ
神戸に住む主婦の生活ブログ。

☆いつも拍手&コメントありがとうございます。
コメントは承認制にさせて頂いています。どうぞお気軽にコメント入れてくださいね。

神戸、カフェ、久保田利伸、
フィギュアスケートが好き。

2009年全日本eyeから高橋大輔選手を、2010年6月DOI「黒い瞳」から町田樹選手をずっと応援しています。現在は町田樹選手の考え方に深く共感し、町田くんを全力応援中。
大輔&真央はいつも心のオアシスです。

ペア、アイスダンスも大好き。


好きなもの:
カフェ、食器、インテリア、NY、紅茶




共働きごはん」(上田淳子さん:あさイチなど出演)
共働きじゃなくても晩ごはん作りに役立ちます。簡単・作りやすい・美味しい。ガパオライスなどリピートしています。





オーガニック《 私たちが作った“屋久島有機紅富貴紅茶”です 》屋久島自然栽培茶100g 無農薬/無化学肥料/無飛散農薬【合計2000円以上無料配達・2000円未満108円】
国産・無農薬・オーガニック紅茶。濃くて美味しいです。




町田樹選手2014-15SP曲「ラヴェンダーの咲く庭で(通常版) [DVD]
「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」はイギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」のテーマ曲




イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
(¥1548・在庫あり)



イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
【全曲視聴可能】
(町田選手使用曲は4曲目のヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー)





MOOMIN ムーミン レトロフラワー マグカップ ピンク MM392-11
【町田樹さん愛用のマグカップ】





Sports Graphic Number Do Summer2014 達人が教える 山旅に行こう。 (Number PLUS)
「3食拝見!町田樹(フィギュアスケーター)」
<ムーミンマグカップ登場>



考える人 2014年夏号
町田樹「スケーターとしての強み」








「フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シングル読本」
【表紙:ソチ五輪代表争いする日本男子6人】町田樹・インタビュー






<高橋大輔選手愛用の香水>
軽くてとてもいい香り。強くないから気軽につけられると思います。








<コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー>
美味しくて容器も小さくて可愛い、大好きなクッキーです☆






茨木くみ子「ホームベーカリーで作るふとらないパン」~バター・オイルなしでもこんなにおいしい


茨木くみ子「ノンオイル、ノンバターの茨木さんちのおいしいお菓子」

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード