スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日経コラム】高橋大輔「ネイサンには品も色気もある」



昨日付け、大輔くんの日経コラム。

大ちゃん、ネイサンを高く評価しているのね。
嬉しいです。

フジテレビでも「足さばきが美しい」って言ってました。
厳しい目を持った大ちゃんがそういうんだからよっぽど評価してるんだなと思いました。

そして、なんと言っても、「品も色気もあって」の部分。

大輔くん、さすがだなと思った。
日本のメディアの報道はクワドの本数の多さばかりを取り上げてるけれど(インパクトのある記事を書くためそれはそれで仕方がないけれど)

高橋大輔さんの着眼点がさすが。

その通りですよね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


step step step 高橋大輔 「 羽生、1カ月後に雪辱を」
2017/2/21付
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO13148260Q7A220C1UU8000/

四大陸選手権を制したのはネーサン・チェン(米国)だった。ジャンプが注目されるが、本質は全てをそろえたトータルパッケージの選手だ。

 スケーティングのうまさは男子でもトップクラス。足さばきがとても美しい。ショートプログラム(SP)を見て「すごい踊れるんだ」と驚いた。バレエもやっているそうだ。品も色気もあって、羽生結弦には脅威になるだろう。

 既に互いを意識しているのかもしれない。フリー当日朝の公式練習では、2人だけ最後までリンクに残り、イメージトレーニングをしていた。勝負している空気がビシビシ伝わり、ゾクゾクした。

 羽生のフリーの前半はペース配分している感じを受けた。しかし、後半に向けて演技が盛り上がった。もし最初から最後まで飛ばして滑ったら、今のチェンではまだ勝てない。羽生も2位で気合が入ったはず。世界選手権(ヘルシンキ)まで約1カ月、悔しい気持ちを抱えて集中して練習するにはちょうどいい長さだ。「まだ(10代選手の時代には)早いぞ」という姿を見せてほしい。

 男子フリーで最後までスピードが落ちなかったのは宇野昌磨だ。試合の緊張感で力むと、練習より跳ぶタイミングが早くなり、練習でダメだったジャンプが跳べてしまうことがある。それで4回転ループを成功して安心したか、得意のトリプルアクセルを失敗した。試合は自分でも説明できないことが起きる。失敗を経験して世界選手権に臨めるのは良かったと思う。

 それは女子9位の樋口新葉も同じ。体の動きは悪くないのに、何か自信をなくしているように見えてしまった。過去に僕も同じことをして、コーチに雷を落とされた。気持ちで踏ん張れる試合もあると分かってほしい。

 浅田真央もそうだったが、女子選手は波に乗り、ミスをする気配がまるでない時期がある。それが今回の三原舞依だった。長い競技人生ではしんどい時期は必ず来る。今回の優勝で注目され、無意識のうちに重圧もかかるはず。その状況でどうなるのか。ヘルシンキはそれも知る機会になると思う。



 平昌五輪まで1年。フィギュアスケートの日本選手や世界のライバルを、バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔氏が語ります。

=随時掲載




アイスショーの世界(3) (ワールド・フィギュアスケート別冊)



スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ネイサン優勝おめでとう!



三原舞依選手に引き続き、ネイサン四大陸の優勝おめでとう!

今回男子シングルはボーヤンとネイサンを応援していたのでとても嬉しいです。

やっぱり若者の大技トライは何よりもエキサイティングですね。
クワドはフィギュアスケートの華です。
ただ、体には相当負担がかかると思うからケガだけは気を付けてみんな頑張って欲しいなと思います。

ネイサンの去年の大けがはびっくりしたしすごく残念でした。
一年後に順調にこうなってるとは・・・!やれやれです。


スクショした:表彰式(ブログ)



日曜日の昼下がり、PCでライスト観戦していたのですが、
ネイサンの冒頭4Lz+3Tだけで、加点バッチリで20.04でした!

思わず、急いで画面をスクショしましたよ☆

↓ これです。すげー。

ネイサン:冒頭4Lz-3Tだけで20点。慌ててスクショした(ブログ)



以前から言われてるけど、ネイサンは年齢の割に落ち着いていてクレバーで冷静で。
声がよくて(^o^)/
早口でしゃべる英語がかっこいい。

あの声聞くと5割増しに男前に見えます♪


ネイサンのことも記事で残したいことが山ほどあるので、あとで追記します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


羽生結弦2位、宇野は3位/4大陸選手権フリー詳細
日刊スポーツ [2017年2月19日17時36分]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1781005.html

<フィギュアスケート:4大陸選手権>◇19日◇韓国・江陵◇男子フリー
SP3位の羽生結弦(22=ANA)がフリー206・67点、合計303・71点で2位となった。SP2位の宇野昌磨(19=中京大)はフリー187・77点、合計288・05点で3位だった。
 SP1位のネーサン・チェン(17=米国)がフリー204・34点、合計307・46点で優勝した。SP11位の田中刑事(22=倉敷芸術科学大)はフリー142・63点、合計220・18点で13位だった。

1 ネーサン・チェン 307.46
2 羽生結弦 303.71
3 宇野昌磨 288.05
4 パトリック・チャン 267.98
5 金博洋(ボーヤン・ジン) 267.51
6 ジェイソン・ブラウン 245.85
7 ミーシャ・ジー 239.41
8 ナム・グエン 237.08
9 グラント・ホクスタイン 235.72
10 閻涵(ハン・ヤン) 235.45
11 ブレンダン・ケリー 227.39
12 ケビン・レイノルズ 222.31
13 田中刑事 220.18

/////////////////////////////////////////////////


羽生猛追及ばず300点超えも2位 逆転Vならず 宇野は自己ベストも3位
スポニチ [ 2017年2月19日 14:55 ]
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/19/kiji/20170219s00079000211000c.html
19日、韓国・江陵で平昌(ピョンチャン)五輪テスト大会を兼ねて行われ、男子フリーはショートプログラム(SP)SP3位のソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(22=ANA)が206・67点、合計303・71点。フリー1位で追い上げたが、2位で逆転優勝はならず。SP2位の全日本選手権王者・宇野昌磨(19=中京大)は187・77点、合計288・05点。自己ベストをマークしたが、3位にとどまった。SP1位の17歳の全米王者ネイサン・チェン(米国)が合計307・46点で逃げ切り優勝した。
 羽生は最終グループ5番目の滑走。4回転ループを決めるなどし、点数が発表されると、ガッツポーズをし、喜び爆発。SPの出遅れから300点超えと巻き返したが、逆転優勝を逃した。
 宇野は最終グループ4番目の滑走。4回転ループと4回転フリップは成功したが、中盤で転倒して尻もちをつき、演技後は両手で顔を覆った。


スポニチ:(ブログ)







フィギュアスケート・ミュージック2016-2017 (CD2枚組)



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

織田信成氏おいの9歳信義、全日本ノービス選手権へ



昨日は会場のりんスポに織田くんも来てましたね!

ニュースで信義くんのインタビュー見たのですが、お口の方も達者みたいで。
かなり達者みたいで(ノ▽≦*)ノ彡☆

おじさま譲りでフィギュアスケートも喋りの方も将来すごく楽しみです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


織田信成氏おいの9歳信義、全日本ノービス選手権へ
[2016年10月9日14時51分]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1722066.html
<フィギュアスケート:近畿選手権>◇第3日◇9日◇大阪・臨海スポーツセンター◇ノービスB男子

 戦国武将織田信長の末裔(まつえい)が大きな1歩を踏み出した。

 10年バンクーバー五輪7位のタレント織田信成氏(29)のおいにあたる織田信義(9=大阪スケートク)が34・16の6位で、初の全日本ノービス選手権(今月21~23日、兵庫・尼崎スポーツの森)出場を決めた。信成氏の兄信治さんの息子である信義は、今年7月に近畿選手権ノービスB出場資格のバッジテスト3級を取得。「ダブルサルコーで両足をついてしまった。(全日本では)上位に入りたいです」と意気込んだ。

 氷上では豊かな演技力を見せつけ、途中からは会場に音楽に合わせた手拍子が響いた。そんな堂々とした姿は一変、舞台裏では9歳の素顔に。信成氏とは「仲悪いです。ちょっと前からいろいろあって」と恥ずかしげに明かした。「練習してるつもりだったのに(信成氏から)『もっと練習しろ』と言われた。織田先生に教えてもらった方がよっぽどいい」と信成氏の母で、信義の祖母にあたる織田憲子コーチ(69)の方をチラリ。続けて「(憲子コーチは)なるくん(信成氏)を育てているし、なるくんぐらいはいけると思う」と無邪気に笑った。

 もちろん2人の“不仲説”はご愛嬌(あいきょう)で、普段は仲良く接しているという。憲子コーチは信成氏と比較し「(滑りが)似ています。でも、顔も似ていますし、『信成に似ている』と言われるのが嫌みたい。負けん気が強いんです」と将来性に期待を込めた。



織田信成氏(29)のおい織田信義9歳



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9歳の織田信義くん「信成選手くらいは超えたいです」

http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20161009-OHT1T50047.html
◆フィギュアスケート・近畿選手権(9日、大阪府立臨海スポーツセンター)

 織田信長の18代目末裔(まつえい)が“全日本デビュー”を決めた。バンクーバー五輪7位の織田信成さん(29)の甥にあたる信義くん(9)=大阪スケートク=がノービスB男子に出場し、34・16点の6位で全日本ノービス選手権(21~23日、尼崎スポーツの森)へ進んだ。

 信義くんは信成さんの兄・信治さんの息子。「BAD MAN」の曲に乗り、黒い衣装で懸命に滑りきった。演技後、報道陣に囲まれると「試合より緊張する」と、はにかみながらも“名回答”を連発した。将来の夢を問われ「オリンピックでメダルを取ること。信成選手くらいは超えたいです。なるくん(信成)くらいは行けると思う」とニッコリ。続けて「ちょっと前から仲が悪いんです」とジョークを交えてみせた。

 織田憲子コーチは「信成に似ている。足が大きいし柔らかい。軸がしっかりしている。まだまだこれから」と、今後の成長を楽しみにしていた。



2016.10.9(日)スポーツ報知「信成くんくらいは超えたい」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デイリースポーツ 2016.10.9
http://www.daily.co.jp/general/2016/10/09/0009567088.shtml
プロスケーター、織田信成氏(29)のおい、織田信義(9)がノービス男子B(9~10歳)の部に出場し、6人中6位の34・16点だった。
 目や口元が信成氏似で、黒地に赤の衣装をまとって登場。ダブルサルコウが両足着氷になるなどミスがあったものの、3分4秒を滑りきった。
 演技後、取材を受け「試合よりも緊張する~」とぐったり。「もう少し、ジャンプを磨きたい。将来?オリンピックでメダルを取ることです。信成さんぐらいは超えたい」と、壮大な夢を口にした。
 4歳からフィギュアスケートをはじめ、信成氏の母・織田憲子コーチの指導を受ける。これまで何度も試合出場経験はあるが、信成氏からは「もっと練習をちゃんとしろ!!」と言われることもあるという。今大会を前に、信成氏から特に言われたことはないといい、信義は「ちょっと前から、仲が悪いんです」と笑わせた。
 憲子コーチは「あれだけ回転不足なのに点数が出て、笑ってしまった。でも、まじめで、地道にやるところは信成に似ている」と、孫の演技に目を細めていた。


2016.10.9(日)デイリースポーツ 織田くんのおい②




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

【近畿ブロックジュニア女子SP結果】真凜、花織、紀平など


今日からいよいよ近畿ブロック!!

今年は臨スポで開催です。
紀平梨花、坂本花織、岩元こころ、本田真凜、滝野りこ各選手・・・と超豪華な近畿のメンバー。


☆ 2016 近畿選手権大会 ☆
2016年10月08日~10日
大阪府立臨海スポーツセンター (高石市)
http://www.jsfresults.com/non_responsive_toppage.htm?figure_top.htm%2CNational/2016-2017/fs_j/block5/index.htm


【ジュニア女子・SP】
1位 本田真凜65.12
2位 坂本花織64.87
3位 紀平梨花64.44
4位 岩元こころ59.96
5位 滝野莉子53.96



僅差ですが、
真凜ちゃんがJGPの悔しさをバネにSP頑張りましたね。
なんとスロベニアから帰国後、体調をひどく壊していたとのこと。
フリー直後に既にものすごーーく具合悪そうでした。
とてつもないプレッシャーと戦っていた模様。

坂本花織ちゃんも紀平梨花ちゃんも明日も頑張ります!

明日は臨スポ行きます!!
(今日のSPも行く段取りしてたのだけどどうしても行けなくなったのです。レポ下さった方々ありがとうございました)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本田真凜、近畿選手権でSP首位発進…新プログラムをノーミスで滑る

2016年10月8日20時35分 スポーツ報知

◆フィギュアスケート・近畿選手権(8日、大阪府立臨海スポーツセンター)

 ジュニア女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨季の世界ジュニア女王の本田真凜(15)=大阪・関大中=が65・12点で首位に立った。
 ジュニアGPファイナル進出を決めている坂本花織(16)=神戸ク=が64・87点で2位。スロベニア大会で3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を成功させた紀平(きひら)梨花(14)=関大KFSC=は64・45点で3位につけた。
 淡いピンクの衣装をまとった真凛は冒頭のフリップ―トウループの連続3回転を成功。新プログラムの「Smile」を今季初めてノーミスで滑りきり非公認ながら“シーズンベスト”。「今日は体力を最後まで残すことだけを考えて滑った。まだ30くらいしか自分の中で出せていない。あと5点以上は伸ばせると思う。これからどんな風に仕上がっていくか楽しみ」。
 9月26日にスロベニア大会から帰国後、体調不良に陥った。40度の発熱に、咳が止まらない。「初めて食べられなくなった」ほど悪化し、体重は3~4キロ減ったままだ。「氷に乗れない日もあって焦っていた」。試合前日の7日に、ようやく曲がけ練習を再開出来た。
 「フリーはどこまで持つかわからないけど、頑張りたい」と青白い顔で必死に笑顔を作った。「日本のジュニアはロシアを超えているくらいに強い。みんなに追いつかれないように、結果を出していきたい」。世界ジュニア女王の意地を見せる。



2016.10.8 スポーツ報知 「真凜SP首位発進」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


真凜が首位、紀平3位 近畿選手権女子SP
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/10/08/kiji/K20161008013498810.html
スポニチ  [ 2016年10月8日 20:12 ]
 フィギュアスケートの近畿選手権は8日、大阪府臨海SCでジュニア女子ショートプログラム(SP)を行い、世界ジュニア女王の本田真凜(大阪・関大中)が大きなミスなくまとめ、65・12点で首位に立った。
 9月のジュニアグランプリ(GP)スロベニア大会のフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めた14歳の紀平梨花(関大KFSC)は、ダブルアクセル、ルッツ―トーループの連続3回転、3回転ループをすべて着氷させて64・44点で3位。紀平とともにジュニアGPファイナル進出を決めている16歳の坂本花織(神戸ク)が64・87点で2位につけた。
 女子フリーは9日に行われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本田真凜が首位、16歳坂本花織は2位 フィギュア
日刊スポーツ [2016年10月8日22時15分]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1721764.html
9月のジュニアグランプリ(GP)スロベニア大会のフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めた14歳の紀平梨花(関大KFSC)は、ダブルアクセル、ルッツ-トーループの連続3回転、3回転ループをすべて着氷させて64・44点で3位。紀平とともにジュニアGPファイナル進出を決めている16歳の坂本花織(神戸ク)が64・87点で2位につけた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本田真凜、今季SP自己ベストで首位「まだ30%」
日刊スポーツ [2016年10月8日20時16分]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1721623.html
<フィギュアスケート:近畿選手権>◇第2日◇8日◇大阪・臨海スポーツセンター◇ジュニア女子

 ショートプログラム(SP)が行われ本田真凜(15=大阪・関大中)が65・12点で首位に立った。
 国際スケート連盟公認大会ではないが、今季のSP自己ベストを記録。3回転フリップ-3回転トーループも成功させたが「全然今の演技じゃ満足できない。まだ30%ぐらい」と厳しく自己採点した。
 2位に終わったジュニアグランプリシリーズ第5戦スロベニア大会から先月26日に帰国後、謎の体調不良に悩まされた。一時は39度の高熱にうなされ、今回のSPも7日に曲をかけて練習するドタバタ劇だった。「ショート(SP)は体力を残すように滑った。その中でもこういう演技ができたのは自分の中でも自信になる」。胸中には収穫と、もどかしさが残った。
 「今年も日本のジュニアはすごく強い。ロシアと同じぐらいか、それを越えている。日本のジュニアの中でもいい演技をして、いい結果を出したい」
 9日にはフリーが待つ。女子史上7人目のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、この日は3位スタートの紀平梨花(14=関大KFSC)らライバルとしのぎを削る。


2016.10.8 日刊スポーツ「真凜SP首位」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


坂本花織、摂生心がけSP2位「おデブさんになる」
日刊スポーツ [2016年10月8日20時38分]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1721630.html
9月に行われたジュニアグランプリ(GP)シリーズ第3戦日本大会覇者の坂本花織(16=神戸ク)が64・87点で、ショートプログラム2位となった。
 想像より小さかったリンクに戸惑い、つまずく場面もあったが「コースを間違えて、ジャッジの前でやっちゃった(つまずいた)。それでも調子が悪いなりには滑られた。70点ぐらいです」。まずまずの手応えで演技1日目を終えた。
 終了後は“花織スマイル”が全開。今季は「いつ、『おデブさん』になってしまうか分からないので」と摂生を心がけていることも明かした。神戸野田高に通う1年生は、今春から身長がすでに約5センチアップ。成長期のまっただ中のため、食事面などに気を使いながら、競技感覚の維持に努めている。
 首位は本田真凜(15=大阪・関大中)、3位が紀平梨花(14=関大KFSC)と世代の“顔”に挟まれて臨む9日のフリー。3人の高レベルな競演に注目が集まりそうだ。

2016.10.8 日刊スポーツ「坂本花織SP2位」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


紀平梨花SP3位、フリーでトリプルアクセル宣言
日刊スポーツ [2016年10月8日20時43分]
14歳の紀平梨花(関大KFSC)が女子史上7人目のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)成功後初の国内大会で、ショートプログラム(SP)3位につけた。64・44点で、この日はダブルアクセルなどを披露。9日のフリーでは「入れます。決めたいです」と3回転半の成功を誓った。
 SPでは大きなミスなく滑り切ったが「ジャンプは良かったけれど、ステップがぐらついている。もっと練習しないと」と慢心はなし。その上で「(SPで)もう少し点数が出たかもしれないけれど、それを忘れさせてくれるようなフリーの演技をして、観客のみなさんを魅了させられるようにしたいです」と意気込んだ。首位は昨季世界ジュニア女王の本田真凜(15=大阪・関大中)。近畿規模の大会ながら、世界レベルの競演となりそうだ。

2016.10.8 日刊スポーツ「紀平梨花SP3位」(大)(ブログ)




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「14歳紀平梨花、3回転半に挑戦 Jr.GP初戦へ」



紀平梨花選手、ジュニアに上がったばかりの初戦、JGP第二戦チェコ大会で、
やはりトリプルアクセル挑むそうです。 (≧∇≦)

この記事を読んだだけでまた鳥肌が立ちました。

注目される中プレッシャーが大きいと思いますが、
怪我に気を付けて思い切った演技が見られたらうれしいです。


☆放送はCS:テレ朝チャンネル2で☆
女子SP:9月22日(木)11:00~14:54 
女子FS:9月24日(土)12:00~16:10




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

14歳紀平、3回転半に挑戦 フィギュア、Jr.GP初戦へ
産経フォト 2016.8.30(火)
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160830/dly1608300006-n1.html
フィギュアスケート女子で今季からジュニアグランプリ(GP)に参戦する14歳の紀平梨花(関大ク)が、9月1日からのチェコ大会で初戦を迎える。大技トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で注目を集める。「確率は上がってきている。試合で決めるのが目標」と成功に意欲を見せる。

 3回転半の成功者は、女子では浅田真央(中京大)らごくわずか。武器とするためにも「今のうちにしっかり跳んでいかないと」と習得に励む。7月の全日本ジュニア強化合宿や、19日の関大アイスアリーナ(大阪府高槻市)での公開練習では何度も着氷し、本番へ向けても期待は高まる。

 前向きに踏み切るアクセルジャンプでは、恐怖心が出る選手もいる。だが浜田美栄コーチは、紀平からためらいを感じなかったという。「ダブルアクセルと同じスピードで踏み切れたので、跳べると思った」。同コーチの分析では「成功率は3割」。フリーに組み込み、挑戦させる意向だ。





CrFbKyQWAAADJy2(ブログ)



☆JGPS2016:チェコ大会☆
エントリー&滑走順&リザルト

http://www.isuresults.com/results/season1617/jgpcze2016/index.htm
男子:須本光希
女子:紀平梨花、青木祐奈
ペア:古賀亜美&スペンサー・アキラ・ハウ





フィギュアスケート日本男子7年間の軌跡 Shining Moments (DIA Collection)
高橋大輔、織田信成、町田樹、羽生結弦、Pチャン、ハビ、ウィアーほか。




テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ちえ

Author:ちえ
神戸に住む主婦の生活ブログ。

☆いつも拍手&コメントありがとうございます。
コメントは承認制にさせて頂いています。どうぞお気軽にコメント入れてくださいね。

神戸、カフェ、久保田利伸、
フィギュアスケートが好き。

2009年全日本eyeから高橋大輔選手を、2010年6月DOI「黒い瞳」から町田樹選手をずっと応援しています。現在は町田樹選手の考え方に深く共感し、町田くんを全力応援中。
大輔&真央はいつも心のオアシスです。

ペア、アイスダンスも大好き。

将来の夢:定年後の夫と小さなお店や会社をする事。

好きなもの:
カフェ、食器、インテリア、NY、紅茶






フィギュアスケート・ミュージック 2015-2016
<全曲視聴可能>




ワールド・フィギュアスケート 71
リプニツカヤ選手のインタビュー有








◆GPシリーズ前半戦ハイライト
◇スケートアメリカ
町田樹/今井遥
◆髙橋大輔引退表明会見
(2014.12.4発売)



町田樹選手2014-15SP曲「ラヴェンダーの咲く庭で(通常版) [DVD]
「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」はイギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」のテーマ曲




イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
(¥1548・在庫あり)



イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
【全曲視聴可能】
(町田選手使用曲は4曲目のヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー)




町田樹選手2014-15フリー曲:「ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」





MOOMIN ムーミン レトロフラワー マグカップ ピンク MM392-11
【町田樹さん愛用のマグカップ】






<ムーミン フタ付きマグカップ>






Sports Graphic Number Do Summer2014 達人が教える 山旅に行こう。 (Number PLUS)
「3食拝見!町田樹(フィギュアスケーター)」
<ムーミンマグカップ登場>



考える人 2014年夏号
町田樹「スケーターとしての強み」








「フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シングル読本」
【表紙:ソチ五輪代表争いする日本男子6人】町田樹・インタビュー











Sports Graphic Number PLUS「日本フィギュア ソチ冬季五輪完全保存版」 (Number PLUS 92号)
<とても綺麗な写真。町田樹選手インタも泣けます>



【町田樹2014-15】
SP:「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」
映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より

FS:交響曲第9番(第九)
  作曲ベートーヴェン



<高橋大輔選手愛用の香水>
軽くてとてもいい香り。強くないから気軽につけられると思います。








<コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー>
美味しくて容器も小さくて可愛い、大好きなクッキーです☆






茨木くみ子「ホームベーカリーで作るふとらないパン」~バター・オイルなしでもこんなにおいしい


茨木くみ子「ノンオイル、ノンバターの茨木さんちのおいしいお菓子」

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。