FC2ブログ

紀平梨花、今季初戦へ好感触「いい感じ」 4回転&アクセル2本の超高難度プログラムに意欲(スポニチ)



4社目のスポニチさんが一番、詳しくて丁寧な記事!

梨花ちゃん、がんばれ!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

紀平梨花、今季初戦へ好感触「いい感じ」 4回転&アクセル2本の超高難度プログラムに意欲
[ 2019年9月8日 19:16 ]  スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/09/08/kiji/20190908s00079000381000c.html


フィギュアスケートの2018年GPファイナル女王・紀平梨花(17=関大KFSC)が8日、今シーズンの初戦となる2019オータム・クラシック国際(12~14日)出場のため関西空港から開催地のカナダへ向けて出発した。
 ――直前までコロラド(米国)に行っていたそうですが。

 「10日間くらいスイスに行ってから最後に1週間くらいコロラドに行って、先週の日曜日に帰ってきて1週間、日本で滑ってきました」

 ――スイスは振り付け師のステファンさん(ランビエール=トリノ五輪銀メダリスト)のところですか。
 
 「そうです」

 ――今季初戦に向けてコンディションはいかがですか。

 「いろんなところに行ってすごい練習も積んできたのでシーズンオフの成果がしっかり出ればいいなと思っています。きっと調子はいいと思います」

 ――新しいシーズンのジャンプの構成に注目が集まっています。どのように考えていますか。

 「まだ、何も決めてないので、向こうに行ってから調子に合わせて変わるかなと思います」

 ――4回転サルコー挑戦は頭の中に。

 「一応(頭の中に)入ってはいるんですけど……。ショート(プログラム)には入れないです」

 ――4回転サルコーとトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)2本が入ってくる可能性はあるんでしょうか。

 「そうですね。4回転を入れた構成でもアクセル2本は入れる構成で今、練習してきているので、4(回転)とアクセルが変わるとかではなく、もし(4回転を)入れなかったらトリプルになる状態なので、アクセル2本は確定してます」

 ――標高の高いコロラドではジャンプを飛びやすいという話もありました。春の時点と今と比べて4回転ジャンプの感触は。
 
 「そうですね。結構、緊張感がなく挑戦できるようになってきて、今までだったら4回転する時にすごいためらって止めてようなという練習も結構、多かったんですけど、最近はやると決めたらすごい2本目、3本目は締められるようにようになってきました。それで着氷の確率もだいぶ、上がってきて、凝縮していい練習ができてるなと最近は思います」

 ――標高の高いコロラドから日本に帰ってきても4回転ジャンプの感触は変わっていませんか。
 
 「そうですね。コロラドで一回、着氷してからはどこに行ってもある程度、いい状態では着氷はできるので、いい感じでは来てると思います」

 ――4回転ジャンプ以外でこのオフ、成長できた部分はありますか。

 「スイスではステファンさんのスケーティングが毎日あって本当にジャンプの練習まで追いつけないくらいスケーティングの数をやったりとか、その期間はスケーティングに集中して頑張りました。その時、ピラティス(エクササイズの一種)とバレーが毎日あったり、いつもと違ったトレーニングがたくさんあったのでいろんなことに挑戦できたし、アメリカでもダンスとかバレーとか、いろんなことを積み重ねてやってきたので、すごい力は付いてきてると思います」

 ――アリサ・リュウ(14=米国)らの登場で女子も「4回転ジャンプ時代」に入ったとも言われます。そうした新しい流れを意識しますか。
 
 「いろんなジャンプを飛ぶ選手が本当にたくさん出てきました。想像通りと言えば、想像通りなんですけど、まだまだ、私ももっと安定感を身に着けて、大技を入れて良かったと思えるような安定感のある成績にしたいので、難しいことをしながらもちゃんと順位にこだわって、練習の試合とかはないので、どの試合でもいい結果を出せるように今シーズンはやりたいと思っています」

 ――今回のオータム・クラシックもそうですか。

 「そうですね」






フィギュアスケートLife Extra フィギュアスケート観戦の副読本 (扶桑社ムック)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

紀平梨花が最難関構成へ意欲、3回転半2本に4回転(日刊スポーツ)




デイリースポーツに続いて、
日刊スポーツ、スポーツ報知さんも記事を書いてくださっています。
紀平梨花ちゃん、けがなく無事に初戦を終えられますように(-人-)



紀平梨花が最難関構成へ意欲、3回転半2本に4回転
[2019年9月8日17時8分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/sports/news/201909080000534.html

過去最高プログラム」の準備完了だ。フィギュアスケート女子の紀平梨花(17=関大KFSC)が8日、フリーにおいてトリプルアクセル(3回転半)2本と、4回転サルコーを組み込む構成に意欲を見せた。

今季初戦のオータム・クラシック(12~14日、カナダ・オークビル)へ向かう関西空港で「向こうに行ってからの調子で変わる。(4回転はフリーに)一応入っている。浜田(美栄)先生の最終判断で、一緒に相談して決めると思う」と見通しを示した。

昨季取り組んだフリーの3回転半2本は基本線で、4回転を回避した場合は3回転サルコーで対応。2本目の3回転半は「ギリギリ(演技の)後半にならないところにある」とし、過去最高難度のジャンプ構成に挑戦する場合は、冒頭に4回転サルコー、2本目、4本目のジャンプで3回転半を跳ぶ。

3回転半と4回転を同一の演目で成功させると、日本女子初の快挙。8月のジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第2戦米国大会フリーでは、アリサ・リュウ(14=米国)が一足先に、国際スケート連盟(ISU)公認大会で女子初となる4回転(ルッツ)と3回転半を同一の演目で成功させた。紀平は力を込める。

「私が思っていた通り、いろいろなジャンプを跳ぶ選手がたくさん出てきた。想像通りだけれど、私も、もっと安定感を出して『大技を入れて良かった』と思えるような、今季は安定感がある成績にしたい。難しいことをしつつも、ちゃんと順位にこだわって、いい結果を、どの試合でも出したいです」

シニアデビューの昨季はグランプリ(GP)ファイナル優勝など大きく飛躍。2年目は高難度プログラムと安定感の両立を目指す。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポーツ報知
紀平梨花、今季初戦で高難度の構成に挑戦

https://hochi.news/articles/20190908-OHT1T50187.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



紀平梨花 2020年 カレンダー 壁掛け CL-565






関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

紀平梨花 最高難度のプログラムへ 今季初戦カナダに出発(デイリースポーツ)



梨花ちゃん、初戦にいよいよ今日、関空から出発でした。
予定通り、女子最高難度の構成を準備して来てますね。

最終的にどうするか判断するとのことですが、
シーズン初戦だし、
よほどのことがあったら回避すると思うけど、
4S、組み込むと私は思います。

オータムクラシックの放送は、CSテレ朝チャンネルでありますね。
録画予約、もう済んでいます!
紀平梨花ちゃん、たのしみ。


「オータムクラシック2019」
CS:テレ朝チャンネル2
https://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/sports/0398/
【男女ショート】<録画>
■9月14日(土)よる8:00~

【男女フリー】<録画>
■9月15日(日)午後4:55~

【拡大版】
■10月12日(土)午後3:10~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


紀平梨花 日本女子最高難度のプログラムへ 今季初戦カナダに出発
2019.9.8 デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/general/2019/09/08/0012681667.shtml

フィギュア女子の18年GPファイナル覇者、紀平梨花(17)=関大KFSC=が8日、関西国際空港から今季初戦となるオータムクラシック(9月12~14日、オークビル)が行われるカナダへ出発した。スイスと米国・コロラドの海外トレーニングを経て今季に備えてきた紀平は、「シーズンオフの成果が出れば」と気合十分に語った。

 今季のフリー「インターナショナルエンジェルオブピース」では、冒頭に4回転サルコーの導入を目指している。そこに2本のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が入れば、日本女子では最高難度のプログラムとなる。ジャンプの練習は高地のコロラドで「緊張感なく調整できた。(4回転の)着氷の確率も上がった」と言い、帰国後の練習でも「いい状態が続いている」と手応えを感じている。初戦となる今大会での4回転導入は、練習での調子を見て浜田美栄コーチと決断するという。

 女子の4回転の国際大会での成功は、日本ではサルコーを成功させた安藤美姫のみ。近年は海外勢が次々と成功させており、8月末のジュニア・グランプリ(GP)シリーズ米国大会のフリーでは、14歳のアリサ・リウ(米国)が4回転ルッツと3回転アクセルを同時に成功させた。年下の選手の台頭にも紀平は「思っていた通り、いろんなジャンプがたくさん出てきた」と想定内の様子で、「もっと安定感をつけて、難しいことをしても順位にこだわって結果を出したい」と足元を見据えていた。




2019.9.8(日)紀平梨花、初戦オータムクラシックへ出発(関空)デイリースポーツ(ブログ)






紀平梨花 2020年 カレンダー 壁掛け CL-565



関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

14歳リウが衝撃V! 史上初「4回転&3A」同時成功、米絶賛「ロシア支配終わらせた」( THE ANSWER編集部)



14歳リウが衝撃V! 史上初「4回転&3A」同時成功、米絶賛「ロシア支配終わらせた」
2019.09.01
著者 : THE ANSWER編集部
https://the-ans.jp/news/80950/

シニア顔負け208.10点で国際大会デビュー戦V、ロシア勢の連勝「20」で止める

 フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第2戦・米国大会は31日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の14歳アリサ・リウ(米国)が138.80点、合計208.10点で国際大会デビュー戦で初優勝。昨季、13歳でシニアの全米選手権を制した天才少女は一つのプログラムで4回転ジャンプと3回転アクセルを同時に成功させるという女子史上初の快挙を達成。米記者は実際のジャンプを動画付きで公開し、海外メディアは「ロシアの支配を終わらせた」と絶賛している。


米国の14歳がフィギュア界に衝撃を走らせた。リウは冒頭で3回転アクセル―2回転トウループの連続ジャンプを着氷させると、次に跳んだのは4回転ルッツだ。驚異の高さを記録したジャンプを完璧に成功。会場をどよめかせたが、これが女子フィギュア史上初の快挙の瞬間だった。

 米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は「アリサ・リウ、公式試合で史上初となる一つのプログラムでの4回転とトリプルアクセルの同時成功」とツイッターでレポートした。合わせて米国の女子が種類を問わず4回転ジャンプを決めたのは初、また4回転ルッツを試合で成功させた米国女子初の選手となったことも紹介し、実際のジャンプも動画付きで公開している。

 その後の単発の3回転アクセルこそ転倒したが、ステップ、スピンも質の高い演技を披露し、合計208.10点とシニア顔負けの得点で圧勝。ジュニアのGPシリーズは16年第4戦以降、ロシア勢が20連勝を飾っていた。衝撃的な演技で演じた優勝に対して、米放送局「NBCスポーツ」公式ツイッターは「アリサ・リウがロシアの支配を終わらせた」と絶賛した。

 まだ14歳の超新星。22年北京五輪に向けても、日本、ロシアの強力なライバルとなることは間違いない。伸びしろを残した天才少女は今季、どこまで進化するのか、楽しみでならない。






【動画】


ジュニアグランプリシリーズ2019第2戦 アメリカ・レイクプラシッド 
Alysa Liu (USA)  ショートプログラム
日本時間:2019年8月31日






ジュニアグランプリシリーズ2019第2戦 アメリカ・レイクプラシッド 
Alysa Liu (USA)  フリー
日本時間:2019年9月1日






フィギュアスケート日本男子応援ブック 2019-2020 シーズン開幕号 (DIA Collection)




関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

「女子も避けられぬ4回転=ジュニアGPで連発」(時事通信)



えらいこっちゃ。 

ロシアのトゥルソワ、シェルバコワがいよいよシニアに上がってしまう・・・
と、ビクついていたけれど、

新たにジュニア女子に2人もクワドジャンパーが現れてしまった。

全米女王の可愛いアリサ・リウちゃん、
あなたは3Aだけじゃなくて4回転も試合で降りるようになったのね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


女子も避けられぬ4回転=ジュニアGPで連発-フィギュア
2019年09月03日06時07分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019090300164&g=spo

フィギュアスケートで女子も4回転ジャンプによる争いが避けられなくなってきた。ジュニア・グランプリ(GP)シリーズの最初の2戦を制したのは、ともに4回転を決めた選手。シニアより演技要素が一つ少なくても200点を超えた。

第1戦フランス大会で13歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)がトーループを決めた。出来栄え点(GOE)は5点満点を付けたジャッジもいて、2.99点を獲得。公式練習ではミスが続いたが、「絶対に決めなくてはいけないと自分に言い聞かせて練習通りに跳んだ」と涼しい顔で振り返った。
 続く第2戦米国大会では14歳のアリサ・リュウ(米国)がルッツを成功。2.30点のGOEを引き出した。「ルッツは大好き。(6種類のジャンプで)一番簡単に跳べる」と米NBC放送に語った。ノービス時代に習得していたトリプルアクセル(3回転半)も連続ジャンプで決めた。
 今季はロシアから2人の4回転ジャンパーがシニアに参戦する。ルッツとトーループを女子で初めて成功させたアレクサンドラ・トルソワ、国内大会でルッツを決めたアンナ・シェルバコワはともに15歳。ジュニアGPで4回転を決めた2人を含め、約2年半後の北京五輪に出られる年齢だ。
 日本からもGPファイナル女王でシニア2季目の17歳、紀平梨花(関大ク)がサルコーに挑むが、下の世代の突き上げが激しくなっている。(時事)




決定盤!フィギュアスケート・ベスト50



関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ちえ

Author:ちえ
神戸に住む主婦の生活ブログ。

☆いつも拍手&コメントありがとうございます。
コメントは承認制にさせて頂いています。どうぞお気軽にコメント入れてくださいね。

神戸、カフェ、久保田利伸、
フィギュアスケートが好き。

2009年全日本eyeから高橋大輔選手を、2010年6月DOI「黒い瞳」から町田樹選手をずっと応援しています。
現役選手ではボーヤン・ジン、ネイサン・チェン、宮原知子、紀平梨花、三原舞依、白岩優奈、坂本花織、樋口新葉、須本光希、島田高志郎選手等を応援中。
大輔&真央はいつも心のオアシスです。

ペア、アイスダンスも大好き。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村




共働きごはん」(上田淳子さん:あさイチなど出演)
共働きじゃなくても晩ごはん作りに役立ちます。簡単・作りやすい・美味しい。ガパオライスなどリピートしています。





オーガニック《 私たちが作った“屋久島有機紅富貴紅茶”です 》屋久島自然栽培茶100g 無農薬/無化学肥料/無飛散農薬【合計2000円以上無料配達・2000円未満108円】
国産・無農薬・オーガニック紅茶。濃くて美味しいです。





イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
【全曲視聴可能】
(町田選手使用曲は4曲目のヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー)





MOOMIN ムーミン レトロフラワー マグカップ ピンク MM392-11
【町田樹さん愛用のマグカップ】





Sports Graphic Number Do Summer2014 達人が教える 山旅に行こう。 (Number PLUS)
「3食拝見!町田樹(フィギュアスケーター)」
<ムーミンマグカップ登場>







「フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シングル読本」
【表紙:ソチ五輪代表争いする日本男子6人】町田樹・インタビュー






<高橋大輔選手愛用の香水>
軽くてとてもいい香り。強くないから気軽につけられると思います。








<コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー>
容器も可愛いクッキーです☆






茨木くみ子「ホームベーカリーで作るふとらないパン」~バター・オイルなしでもこんなにおいしい


茨木くみ子「ノンオイル、ノンバターの茨木さんちのおいしいお菓子」

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード