引っ越しします

久しぶりの更新です。

1か月以上空いてしまったのは、2004年にブログを始めてから初めてかも。


と言うのも、今年の夏、8月末に急に自宅の買い替えを思いつきまして。

そこから自宅の売却と、次の住みかの購入のことに奔走しておりました。

楽しかった~



で、おかげさまで自宅売却と物件購入の両方とも決まり、

今月12月に引越しします。

今は毎日、引越しの荷造り頑張ってます。

引越し荷造りって本当に体力使いますよね。
ここに引っ越してきたのが2009年3月なので7年と9か月振りです。


立ったりしゃがんだりの繰り返しなので、全身筋肉痛です。
おかげで夜よく眠れるので本当にうれしい。
こんなにうれしいことはないです^^



そんな中、


友人が陣中見舞いにやって来てくれました。
母上手作りの「栗入りお赤飯」と「干し柿」の差し入れを持って。




IMG_6372(ブログ)



急に来てくれることになったので有り合わせの物で作ってくれたのですが、
お赤飯が大好きなので、めちゃくちゃ嬉しかったです。

荷造りで疲れた体に染みました。


自分の母親にもやってもらえないことをこの友人の母上にはいつもやってもらっています。

時々、ここにも書くのですが、
私が一人暮らしをしている時に、毎年お正月に美味しい母上手作りおせち料理を持って来てくれたあの友人です。



今回は他にも、段ボール箱や大きな袋など、引越しに必要な物も持って来てくれました。
本当に助かった~~


あとは、食器を包むための不要なチラシも頼めばよかった。


うちは物が多いので、引越し業者さんからもらえる段ボール箱50枚ではとても足りないのです。

食器、書籍、雑誌、DVDBlu-rayディスク  が特に多いです。



☆引越しする人が差し入れされると嬉しい物リスト☆

・段ボール箱
・食器を包む古新聞、チラシ類
・大きな袋(箱に入れにくいものを入れる)
・荷造り中の差し入れのごはん
・当日のお昼ごはんの差し入れ (引越し当日は本当にフラフラになるのです^^)





MOOMIN ムーミン公式ファンブック 2016-2017 (バラエティ)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

GPS2016 第1戦スケートアメリカ 放送予定




スケートアメリカ2016シカゴ開催

エントリー、滑走順など
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpusa2016/

<すべて日本時間>
2016年10月22日(土)~24(月)
10.22(土) 09:05~10:38 女子SP
10.22(土) 11:00~12:07 ペアSP
10.23(日) 03:05~04:38 男子SP
10.23(日) 05:00~06:51 女子FS

10.23(日) 09:00~10:19 アイスダンスSD
10.23(日) 10:40~12:01 ペアFS
10.24(月) 01:30~03:25 男子FS
10.24(月) 03:45~05:16 アイスダンスFD

10.24(月) 08:30~11:00 エキシビション

男子:ボーヤン・ジン、村上大介(OUT)、宇野昌磨、デニス・テン(OUT)、ジェイソンブラウン、リッポンほか
女子:浅田真央、村上佳菜子 、三原舞依、ワグナー、GG、デールマン、パクソヨンほか


☆テレビ朝日・フィギュアスケートHP
http://www.tv-asahi.co.jp/figure-gp/2016/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【地上波】テレビ朝日系
10月22日(土)夜6時56分~女子ショート
10月23日(日)夜6時57分~男子ショート、女子フリー
10月23日(日)深夜2時55分~男子フリー


【BS】BS朝日
2016年10月24日(月)
 ひる12時~2時54分 男女ショート
 ごご5時~7時  男子フリー
 よる7時~8時54分  女子フリー
 よる9時~11時  エキシビション


【CS】
決まり次第、追記します。



SP公式練習:三原舞依(ブログ)
GPSデビューの三原舞依選手。(時事通信)
神戸の期待の星。
舞依ちゃん、自分の演技をしてどうか頑張って欲しいです。


☆神戸新聞の三原舞依選手の記事です☆


病に負けず銀盤の頂点へ フィギュア女子、三原舞依
2016/8/4 09:39神戸新聞NEXT
http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201608/0009352298.shtml



浅田真央、トリプルアクセル回避へ フィギュアGP初戦
朝日新聞  後藤太輔2016年10月21日08時05分
http://www.asahi.com/articles/ASJBP25WRJBPUTQP004.html

浅田、2連続3回転試す フィギュアスケート・米GP公式練習
東京新聞WEB 2016年10月21日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/201610/CK2016102102000259.html
【シカゴ=原田遼】グランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカの公式練習が20日、当地で行われ、調整不足から代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を外した構成で臨む浅田真央(中京大)は2連続3回転ジャンプなどを試した。
 男子の宇野昌磨(同)はショートプログラムの曲をかけて演技した中で新技の4回転フリップで転倒、その後同ジャンプを繰り返し確認した。女子の村上佳菜子(同)、三原舞依(神戸ポートアイランドク)も練習した。男子でエントリーしていた村上大介(陽進堂)は右足甲の負傷のため棄権することが決まった。
◆苦手要素に活路見いだす
 体が温まってきた練習後半、浅田は一気にジャンプの回数を増やした。左膝痛のため回避を決めているトリプルアクセルこそ跳ばなかったが、「今が最高レベルではないと分かっている。できる構成をとりこぼさないように」と他のジャンプの踏み切りを入念に確認した。
 特に熱を入れたのが、フリーの構成予定に入れたフリップ-ループの2連続3回転ジャンプ。女子のトップレベルでは必須となっている2連続3回転ジャンプを、これまで苦手としてきた。
 昨季もフリーの構成に入れたが、大半の試合で回転不足などのミスがあり、不振の要因となった。今季初戦のフィンランディア杯では3回転-2回転に難易度を落としたため、得点は低調だった。
 今大会は昨季の世界選手権2位のアシュリー・ワグナー(米国)、同4位のグレーシー・ゴールド(同)ら強敵ぞろい。同じ日本勢でシニア1年目の三原は9月の国際大会で2季前の世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)を退けて優勝するなど、勢いに乗る。過去3度の世界女王に輝いた浅田をもってしても、トリプルアクセル抜きで勝つのは難しい。
 その大技は年末の全日本選手権をめどに仕上げていく計画。再び最高難度の構成に挑戦する日まで「3回転-3回転も入れられるように」と苦手要素に活路を見いだす。 (原田遼)




☆男子はボーヤンぜひ頑張ってね 




関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

近畿ブロック行って来ました


今年も全日本への道、近畿ブロックに行って来ました。
ことしの舞台はりんスポ。
町田くんが現役時代の後半2シーズン通い詰めた大事なリンクです。
私も久しぶりでした。

近畿フィギュアスケート選手権大会2016
2016年10月08日(土)~10日(月祝)
大阪府立臨海スポーツセンター (高石市)
http://www.jsfresults.com/National/2016-2017/fs_j/block5/index.htm


私が行ったのは大会二日目。
ノービス男子フリーとジュニア女子フリー。
競技開始と当時にほぼ満席で立ち見が何列も出来る大盛況で、
こんなことは初めて。

りんスポは片側しか観客席がないことも大きな理由なのですが、
それ以外でも間違いなくファンの熱意も高くなっていました。



IMG_6072(ブログ)



私達が到着したのは13時。
例年なら空いてる場所にゆったりと座って見られる早い時間帯だったのですが、
今年は違う。とにかくまるで違う。

立ち見の1列目の最後を確保できたのが幸い。
そこからは選手の出入りもコーチとのやりとりも目の前で見られる場所だったし、
何より8月のサマーカップで見た紀平梨花選手のトリプルアクセルを跳ぶポイント前だったので期待が高まり、とても楽しく最後まで観戦できました。

それにしてもジュニア女子フリーの最終グループが近づくにつれ会場のボルテージが段々高まって来るのがよくわかりました。
時間と共にさらにお客さんが増えて最終Gの1つめ前になれば立ち見も3列も4列にも。

最終グループの6練が始まると、ついにスタッフの方が直接、
「客席の方の荷物を下に置いて頂いて立ち見の方をできるだけ座らせてあげて下さい」と。



ブロック大会は毎年面白いのですが今年は特にエキサイティングでした。
直前に確定となったジュニアグランプリファイナル行の日本女子3人が最終グループに。

紀平梨花
坂本花織
本田真凜



滑走順も最終滑走が真凜、そのひとつ前に梨花、その前に花織。
ドラマチックなお膳立ては整っていたのでワクワクしながら会場に向かいました。


6練。
濱田先生1人で紀平梨花、岩元こころ、本田真凜の3人のエッジカバーを預かり面倒をみます。

前日にインタビューで調子がよければ3A-3Tに挑戦すると答えてた紀平梨花選手。
6練中にトライしたアクセル関係は、後半に2A-3Tと3Aだけだったので
今日は跳ばないなとわかりました。

その6練中の3Aの素晴らしかったこと!
迫力とクリーンなトリプルアクセルに客席がどっと沸きました。




2016.10.9デイリースポーツ紀平優勝②






さぁ、次は紀平梨花選手の順番。
リンクそばで待機しています。その間ずっと両腕を使ってアクセルの入り方の確認。
リンクインするギリギリまでやっていました。当然ですよね。

「ラプソディーインブルー」の調べに乗っていつもの笑顔と共に演技が始まりました。
冒頭、こちらに向かって勢いよく跳んだトリプルアクセル。
大成功!!
きれーいに回りきってました。
わーーー!!!とどよめく観客。
国内公式戦で初めてトリプルアクセルを成功させた瞬間でした。

その感動も束の間、すぐ次々にエレメンツをこなしていかなくてはなりません。
紀平梨花選手の素晴らしい所は、
大技トリプルアクセルを決めてもそのあとのジャンプなどすべてのエレメンツが崩れないこと。

その強さに驚嘆します。

強さと言えば彼女の精神力の強さ。
前記事の(満員の客席を前に)紀平選手の「あんまりお客さんは気にならなかった」と集中していたことを明かしていたけれど、それは本当だと思います。というのも最終Gのひとつ前の第3グループの時に私がロビーを歩いていたらマットを敷いてアップしてる紀平選手が目に入って勢いで思わず振り向いてしまったら、彼女もふと顔を上げて知らない私の方ににっこりと笑ってくれたんです。その姿を見てもちろん緊張はしてるのでしょうけれど緊張してガチガチにはなってないんだな、心にゆとりがあるんだな、本当に精神力すごいと思ったのでした。

この日もトリプルアクセルだけじゃなく、8つのトリプルを成功させて逆転優勝でした。

最終滑走、本田真凜選手も素晴らしい演技で、
氷に片肘ついたフィニッシュポーズのまま何度もガッツポーズ。
客席に向けても大きく手を振り何度もガッツポーズをしてみせる。
よほどうれしかったのだと思いました。

どちらもノーミスだったからさぁどうかな?3A決めた梨花ちゃんに軍配が上がるかな??と祈るような気持ちで得点発表を待ちます。結果、真凜ちゃんは2位で紀平梨花ちゃんが逆転優勝。
嬉しかった~~~

やはり3A成功は大きい。
しかも加点2がついてだからなおさら。

真凜ちゃんがすかさず梨花ちゃんに“参りました”みたいに頭を下げていたのが見えました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今年の近畿ブロックで残念だったことは表彰式が非公開で、
写真も撮らせてもらえなかったことです。
ノービス男子もジュニア女子もです。



IMG_6077(ブログ)




【自分用メモ】
私の服装:ずっと半袖。ジュニア女子第3G、最終4Gだけユニクロウィンドブレーカー着用。
パンフレットは売切れ。翌日用には少しあったそう。
りんスポ観客席は片側だけ。背もたれ無しのベンチシート。
観客席へは2階から。トイレは1階ロビー奥(スケート場入口より奥)、階段降りて右。
1階ロビー自販機に簡単な軽食あり。小杉スケートショップにお菓子も販売。
駐車代500円。



関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

【近畿ブロック】Jr女子:紀平梨花、3A決めて逆転優勝!

昨日、観て来ました!
立ち見で近畿ブロック、ジュニア女子フリーを。

その激戦のことはこのあと書くとしまして、、、
まずはネットニュース記事の保存を。


たくさん上がってましたね~ピックアップして当ブログにも記録として残しておきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


紀平梨花、凱旋3回転半!国内初成功も「85点くらい」
スポーツ報知 2016年10月10日6時0分
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20161010-OHT1T50070.html
◆フィギュアスケート・近畿選手権(9日、大阪府立臨海スポーツセンター)

 全日本選手権の選考会を兼ね、ジュニア女子のフリーが行われた。SP3位の紀平(きひら)梨花(14)=関大KFSC=は3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を国内で初成功。130・74点の高得点をマークし、合計195・18点で逆転優勝した。昨季の世界ジュニア女王でSP1位の本田真凜(15)=大阪・関大中=もノーミスで129・94点を記録し、合計195・06点で2位だった。
 冒頭のトリプルアクセルで、紀平は会場の視線を独り占めにした。加点2の美しいジャンプに歓声が起こった。「85点くらい。もっといいジャンプが練習で跳べているので」。ジュニアGPシリーズのスロベニア大会で史上7人目に成功させた大技を、日本“凱旋試合”で再び決めた。世界スケート連盟(ISU)非公認の試合ながら、ジュニア女子で記録的な成績。フリーでは世界最高のグバノワ(129・14点)を上回る130点超え。SPとの合計は、昨季ジュニアGPファイナルでツルスカヤ(ともにロシア)が出した195・28点の世界最高点に肉薄した。
 ISU公認大会で、女子では成功例がない「トリプルアクセル+3回転トウループ」の連続ジャンプ挑戦は回避した。「練習で(トリプルアクセルの後に)毎回トウループをつけて、それが普通になってきたら試合で入れたい」。母・実香さん(45)が「小さい時から氷の上で転んでも痛がらなかった。何でも挑戦する子だった」と明かす負けず嫌い。最短なら西日本選手権(27~30日)でのアタックもありそうだ。
 真凜との競演で立ち見は何列にも増え、ジュニアの地方大会とは思えない人気。試合後はサインを求める行列ができた。紀平は「あんなに大勢の人に囲まれたのは初めて」と一生懸命ペンを走らせた。スケートのほかにもバレエ、ダンス、トレーニングに学習塾と忙しい毎日。「最近いい演技がたくさんできている。まだまだ点も伸びると思うのでGPファイナルで頑張りたい」。18年平昌五輪は年齢制限で出場できないのが惜しい。14歳の新ヒロイン候補は、まだまだ底を見せていない。(高木 恵)


2016.10.10(月祝)スポーツ報知「凱旋3A決めて優勝」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


紀平梨花3回転半決め逆転V、サイン求めファン殺到
日刊スポーツ [2016年10月9日21時34分]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1722274.html
SP3位の紀平梨花(14=関大KFSC)が国際スケート連盟(ISU)非公認大会ながら自身国内大会初のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功し、逆転優勝を果たした。
 130・74点の好記録をマークし、合計195・18点。ISU公認大会で成功者のいない3回転半と3回転トーループの連続技は回避し“世界初”の偉業は持ち越しとなったが、超満員の観客を魅了した。
 異様な雰囲気が会場を支配した。紀平や最終的に2位となった本田真凜(15=大阪・関大中)らが名を連ねた最終組。時間が迫ると観客席後方は立ち見でごった返し、最終組の間のみ、観客席の階段にも人が座った。それでも紀平は「あんまりお客さんは気にならなかった」。集中力を切らさなかった。
 冒頭のトリプルアクセル。跳ぶ瞬間に観衆の一部は立ち上がった。成功。着氷直後のみ喜びをかみしめ「ほとんど覚えていない」と無我夢中で滑った。7つのジャンプは全て成功。ISU非公認大会ながら自己ベストを記録し「(本田に)勝ったとかあまり実感ないけれど、自分のいい演技ができました」とはにかんだ。
 先月末のジュニアグランプリ(GP)シリーズ第5戦スロベニア大会で女子史上7人目のトリプルアクセルを決め、迎えた凱旋(がいせん)試合だった。表彰式に向かう際にはサインを求める人だかりに足止めされ「演技直後にあんなに来たのは初めて」とニッコリ。今や本田に迫る勢いで注目度が高まっている。本田とは同じ関大を練習拠点にする間柄。「やっぱりいい環境だと思います」(紀平)。次戦は西日本選手権(今月28~30日、京都アクアリーナ)。世界レベルの競演はまだまだ続く。


2016.10.10日刊スポーツ「紀平梨花3回転半決め逆転V、サイン求めファン殺到」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


紀平逆転V また決めたトリプルアクセル
デイリースポーツ  2016.10.10
http://www.daily.co.jp/general/2016/10/10/0009568640.shtml
冒頭のトリプルアクセルが、頂点を引き寄せた。フリー曲「ラプソディ・イン・ブルー」に乗り、高さも軸も回転も完璧。9月24日のジュニアGPシリーズ・スロベニア大会で成功させた女子史上7人目の大技を、国内の大会でいとも簡単に決めた。
 「トリプルアクセルは、後から振り返ると『あー、良かったぁ』と思ったけど、あんまり覚えていない」
 当初は、女子では“世界初”となるトリプルアクセル-3回転トーループの連続ジャンプももくろんでいたが、練習での感触から回避。それでも、ほぼノーミスの内容で、フリーの自己ベストも2・43点塗り替えた。
 立ち見も出た中、昨季世界ジュニア女王の本田を抑えたが、「世界で戦って、見習うところがある選手。勝った実感はない」と、どこまでも控えめ。年齢規定のため18年平昌五輪に出場できない14歳は、世界の上位6人で競うジュニアGPファイナル(12月、マルセイユ)で頂点を極める。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




紀平梨花また成功3回転半でV 連続3回転は回避
日刊スポーツ [2016年10月10日9時39分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1722397.html
 ピタリと音楽が止まった瞬間、紀平は両拳に喜びを込めた。「一瞬で振り返って、良かったなと」。最初のジャンプで3回転半を決め「その瞬間だけ『やった~』と思いました」。無我夢中で滑りきった。
 7つのジャンプを全て決めるノーミスの演技。ISU非公認大会ながらフリーの130・74点は、本田真凜が優勝した昨季の世界ジュニア選手権でマークした126・87点を約4点上回る。もちろん自己新記録だ。
 午前練習ではジャンプが不調で、ISU公認大会で成功者のいない3回転半と3回転トーループの連続ジャンプは回避。「毎回(練習で)トーループをつけて、それが普通になればできる」。次戦の西日本選手権(28~30日、京都)での大技へ自信はまた深まった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


14歳紀平 3回転半国内で初成功「跳んだ瞬間はうれしかった」
スポニチ 2016.10.10
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/10/10/kiji/K20161010013508730.html
「跳んだ瞬間はうれしかった。でも、その後は全く何も考えず滑りました」と紀平。その後6種類のジャンプも全て成功させ、ガッツポーズをした。国際スケート連盟非公認大会ながら、自己最高の130・74を叩きだし、ライバルの本田を0・12差かわした。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




坂本花織、悔しい3位「体力をつけていかないと」
日刊スポーツ [2016年10月9日21時54分]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1722279.html
ジュニアグランプリ(GP)ファイナル出場を決めている坂本花織(16=神戸ク)がフリーで116・32点と苦しみ、合計181・19点の3位となった。
 最終的に優勝した紀平梨花(14=関大KFSC)、2位の本田真凜(15=大阪・関大中)の前に行った演技。前日のショートプログラムは2位で、得点の上積みが期待されたが悔しい結果になった。最後のアクセルは回転不足でシングル(1回転半)に。体力不足を実感し「氷上だけじゃなく、陸上を走り込んだりして、体力をつけていかないと」と課題を感じ取った。
 坂本はジュニアGP第3戦日本大会で本田らを抑えて優勝。だが、今大会では紀平(合計195・18点)と本田(合計195・06点)に約14点離された。それでも明るく、前向きなのが坂本のセールスポイント。「今後も大事な試合が多くなる。近畿で(緊張感を)経験できて良かった。次からはこの経験を生かしたいです」と無邪気な笑顔を振りまいた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本田真凜2位「スイッチ入った」紀平の高得点に闘志
日刊スポーツ [2016年10月9日21時7分]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1722251.html
SP1位の本田真凜(15=大阪・関大中)がフリーで129・94点の高得点を記録も、合計195・06点の2位で紀平梨花(14=関大KFSC)に屈した。
 一時は39度の高熱にうなされるなど、大会前の体調不良を経て臨んだ戦い。ノーミスで演技を終え「すごく自分の演技に対して『良かった』という気持ち」と振り返った。
 始めは控えめな気持ちだった。西日本選手権に進めるのは上位11人。本田の力があれば安易な数字だが、体は全快とはいかず「11番に入ればいい」と捉えていた。だが、直前で紀平が130・74点という驚異の得点を出した。「歓声は聞かないようにしていたけれど(アナウンスの)点数が聞こえてきたらすごく良くて。『やるしかないでしょ』となった」。演技前の氷上では紀平と共に指導を受ける浜田美栄コーチ(56)からも言葉を授かった。
 「梨花ちゃんが真凜を強くする」
 濃いピンクの衣装に身を包み、名曲「Romeo and Juliet」のメロディーに乗った。冒頭のトリプルルッツを決めると、フリップ-トーループの連続3回転にも成功し、本田は「ジャンプ2本の後はバテてどうなるかと…。体だけが動いて、全部ジャンプを跳べてノーミス。こういう体調の中でこれだけの演技ができた」。闘志をかき立てたのはライバルの存在。「梨花ちゃんの点数がスイッチを入れてくれた」とうなずいた。
 この日の午前には、6人中6番目で2季連続のジュニアグランプリファイナル出場が決定。「運で決まったから、優勝しかない」と意気込む。毎日共に練習する紀平の存在を本田は素直に意識した。「耐えて、最後のいいところを取りたい」。切磋琢磨(せっさたくま)が2人の力を引き上げる。


2016.10.10日刊スポーツ「本田真凜2位「スイッチ入った」紀平の高得点に闘志」





関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

織田信成氏おいの9歳信義、全日本ノービス選手権へ



昨日は会場のりんスポに織田くんも来てましたね!

ニュースで信義くんのインタビュー見たのですが、お口の方も達者みたいで。
かなり達者みたいで(ノ▽≦*)ノ彡☆

おじさま譲りでフィギュアスケートも喋りの方も将来すごく楽しみです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


織田信成氏おいの9歳信義、全日本ノービス選手権へ
[2016年10月9日14時51分]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1722066.html
<フィギュアスケート:近畿選手権>◇第3日◇9日◇大阪・臨海スポーツセンター◇ノービスB男子

 戦国武将織田信長の末裔(まつえい)が大きな1歩を踏み出した。

 10年バンクーバー五輪7位のタレント織田信成氏(29)のおいにあたる織田信義(9=大阪スケートク)が34・16の6位で、初の全日本ノービス選手権(今月21~23日、兵庫・尼崎スポーツの森)出場を決めた。信成氏の兄信治さんの息子である信義は、今年7月に近畿選手権ノービスB出場資格のバッジテスト3級を取得。「ダブルサルコーで両足をついてしまった。(全日本では)上位に入りたいです」と意気込んだ。

 氷上では豊かな演技力を見せつけ、途中からは会場に音楽に合わせた手拍子が響いた。そんな堂々とした姿は一変、舞台裏では9歳の素顔に。信成氏とは「仲悪いです。ちょっと前からいろいろあって」と恥ずかしげに明かした。「練習してるつもりだったのに(信成氏から)『もっと練習しろ』と言われた。織田先生に教えてもらった方がよっぽどいい」と信成氏の母で、信義の祖母にあたる織田憲子コーチ(69)の方をチラリ。続けて「(憲子コーチは)なるくん(信成氏)を育てているし、なるくんぐらいはいけると思う」と無邪気に笑った。

 もちろん2人の“不仲説”はご愛嬌(あいきょう)で、普段は仲良く接しているという。憲子コーチは信成氏と比較し「(滑りが)似ています。でも、顔も似ていますし、『信成に似ている』と言われるのが嫌みたい。負けん気が強いんです」と将来性に期待を込めた。



織田信成氏(29)のおい織田信義9歳



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9歳の織田信義くん「信成選手くらいは超えたいです」

http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20161009-OHT1T50047.html
◆フィギュアスケート・近畿選手権(9日、大阪府立臨海スポーツセンター)

 織田信長の18代目末裔(まつえい)が“全日本デビュー”を決めた。バンクーバー五輪7位の織田信成さん(29)の甥にあたる信義くん(9)=大阪スケートク=がノービスB男子に出場し、34・16点の6位で全日本ノービス選手権(21~23日、尼崎スポーツの森)へ進んだ。

 信義くんは信成さんの兄・信治さんの息子。「BAD MAN」の曲に乗り、黒い衣装で懸命に滑りきった。演技後、報道陣に囲まれると「試合より緊張する」と、はにかみながらも“名回答”を連発した。将来の夢を問われ「オリンピックでメダルを取ること。信成選手くらいは超えたいです。なるくん(信成)くらいは行けると思う」とニッコリ。続けて「ちょっと前から仲が悪いんです」とジョークを交えてみせた。

 織田憲子コーチは「信成に似ている。足が大きいし柔らかい。軸がしっかりしている。まだまだこれから」と、今後の成長を楽しみにしていた。



2016.10.9(日)スポーツ報知「信成くんくらいは超えたい」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デイリースポーツ 2016.10.9
http://www.daily.co.jp/general/2016/10/09/0009567088.shtml
プロスケーター、織田信成氏(29)のおい、織田信義(9)がノービス男子B(9~10歳)の部に出場し、6人中6位の34・16点だった。
 目や口元が信成氏似で、黒地に赤の衣装をまとって登場。ダブルサルコウが両足着氷になるなどミスがあったものの、3分4秒を滑りきった。
 演技後、取材を受け「試合よりも緊張する~」とぐったり。「もう少し、ジャンプを磨きたい。将来?オリンピックでメダルを取ることです。信成さんぐらいは超えたい」と、壮大な夢を口にした。
 4歳からフィギュアスケートをはじめ、信成氏の母・織田憲子コーチの指導を受ける。これまで何度も試合出場経験はあるが、信成氏からは「もっと練習をちゃんとしろ!!」と言われることもあるという。今大会を前に、信成氏から特に言われたことはないといい、信義は「ちょっと前から、仲が悪いんです」と笑わせた。
 憲子コーチは「あれだけ回転不足なのに点数が出て、笑ってしまった。でも、まじめで、地道にやるところは信成に似ている」と、孫の演技に目を細めていた。


2016.10.9(日)デイリースポーツ 織田くんのおい②




関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ちえ

Author:ちえ
神戸に住む主婦の生活ブログ。

☆いつも拍手&コメントありがとうございます。
コメントは承認制にさせて頂いています。どうぞお気軽にコメント入れてくださいね。

神戸、カフェ、久保田利伸、
フィギュアスケートが好き。

2009年全日本eyeから高橋大輔選手を、2010年6月DOI「黒い瞳」から町田樹選手をずっと応援しています。現在は町田樹選手の考え方に深く共感し、町田くんを全力応援中。
大輔&真央はいつも心のオアシスです。

ペア、アイスダンスも大好き。

将来の夢:定年後の夫と小さなお店や会社をする事。

好きなもの:
カフェ、食器、インテリア、NY、紅茶






フィギュアスケート・ミュージック 2015-2016
<全曲視聴可能>




ワールド・フィギュアスケート 71
リプニツカヤ選手のインタビュー有








◆GPシリーズ前半戦ハイライト
◇スケートアメリカ
町田樹/今井遥
◆髙橋大輔引退表明会見
(2014.12.4発売)



町田樹選手2014-15SP曲「ラヴェンダーの咲く庭で(通常版) [DVD]
「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」はイギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」のテーマ曲




イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
(¥1548・在庫あり)



イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
【全曲視聴可能】
(町田選手使用曲は4曲目のヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー)




町田樹選手2014-15フリー曲:「ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」





MOOMIN ムーミン レトロフラワー マグカップ ピンク MM392-11
【町田樹さん愛用のマグカップ】






<ムーミン フタ付きマグカップ>






Sports Graphic Number Do Summer2014 達人が教える 山旅に行こう。 (Number PLUS)
「3食拝見!町田樹(フィギュアスケーター)」
<ムーミンマグカップ登場>



考える人 2014年夏号
町田樹「スケーターとしての強み」








「フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シングル読本」
【表紙:ソチ五輪代表争いする日本男子6人】町田樹・インタビュー











Sports Graphic Number PLUS「日本フィギュア ソチ冬季五輪完全保存版」 (Number PLUS 92号)
<とても綺麗な写真。町田樹選手インタも泣けます>



【町田樹2014-15】
SP:「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」
映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より

FS:交響曲第9番(第九)
  作曲ベートーヴェン



<高橋大輔選手愛用の香水>
軽くてとてもいい香り。強くないから気軽につけられると思います。








<コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー>
美味しくて容器も小さくて可愛い、大好きなクッキーです☆






茨木くみ子「ホームベーカリーで作るふとらないパン」~バター・オイルなしでもこんなにおいしい


茨木くみ子「ノンオイル、ノンバターの茨木さんちのおいしいお菓子」

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード