スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日経コラム】高橋大輔「ネイサンには品も色気もある」



昨日付け、大輔くんの日経コラム。

大ちゃん、ネイサンを高く評価しているのね。
嬉しいです。

フジテレビでも「足さばきが美しい」って言ってました。
厳しい目を持った大ちゃんがそういうんだからよっぽど評価してるんだなと思いました。

そして、なんと言っても、「品も色気もあって」の部分。

大輔くん、さすがだなと思った。
日本のメディアの報道はクワドの本数の多さばかりを取り上げてるけれど(インパクトのある記事を書くためそれはそれで仕方がないけれど)

高橋大輔さんの着眼点がさすが。

その通りですよね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


step step step 高橋大輔 「 羽生、1カ月後に雪辱を」
2017/2/21付
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO13148260Q7A220C1UU8000/

四大陸選手権を制したのはネーサン・チェン(米国)だった。ジャンプが注目されるが、本質は全てをそろえたトータルパッケージの選手だ。

 スケーティングのうまさは男子でもトップクラス。足さばきがとても美しい。ショートプログラム(SP)を見て「すごい踊れるんだ」と驚いた。バレエもやっているそうだ。品も色気もあって、羽生結弦には脅威になるだろう。

 既に互いを意識しているのかもしれない。フリー当日朝の公式練習では、2人だけ最後までリンクに残り、イメージトレーニングをしていた。勝負している空気がビシビシ伝わり、ゾクゾクした。

 羽生のフリーの前半はペース配分している感じを受けた。しかし、後半に向けて演技が盛り上がった。もし最初から最後まで飛ばして滑ったら、今のチェンではまだ勝てない。羽生も2位で気合が入ったはず。世界選手権(ヘルシンキ)まで約1カ月、悔しい気持ちを抱えて集中して練習するにはちょうどいい長さだ。「まだ(10代選手の時代には)早いぞ」という姿を見せてほしい。

 男子フリーで最後までスピードが落ちなかったのは宇野昌磨だ。試合の緊張感で力むと、練習より跳ぶタイミングが早くなり、練習でダメだったジャンプが跳べてしまうことがある。それで4回転ループを成功して安心したか、得意のトリプルアクセルを失敗した。試合は自分でも説明できないことが起きる。失敗を経験して世界選手権に臨めるのは良かったと思う。

 それは女子9位の樋口新葉も同じ。体の動きは悪くないのに、何か自信をなくしているように見えてしまった。過去に僕も同じことをして、コーチに雷を落とされた。気持ちで踏ん張れる試合もあると分かってほしい。

 浅田真央もそうだったが、女子選手は波に乗り、ミスをする気配がまるでない時期がある。それが今回の三原舞依だった。長い競技人生ではしんどい時期は必ず来る。今回の優勝で注目され、無意識のうちに重圧もかかるはず。その状況でどうなるのか。ヘルシンキはそれも知る機会になると思う。



 平昌五輪まで1年。フィギュアスケートの日本選手や世界のライバルを、バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔氏が語ります。

=随時掲載




アイスショーの世界(3) (ワールド・フィギュアスケート別冊)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ネイサンって男前。(Number Webの記事です)



2月20日にUPされた「Number Web」の田村明子さんのコラム

「四大陸男子でトップ3人が生んだ名勝負。
羽生結弦の貫禄と、才能溢れる若き2人」

http://number.bunshun.jp/articles/-/827472



その最終ページに優勝したネイサン・チェン選手のことが書かれてました。



「尋常ではないプレッシャーに、見事耐えたチェン」
http://number.bunshun.jp/articles/-/827472?page=5



私のネイサンの印象は、落ち着いていてクレバーでクールなナイスガイって感じだったのだけど、

この記事を読んでもの凄く感動してアスリートとしてさらにネイサン個人に興味が湧いて来ました。


ラファコーチとネイサン、かっこよすぎるやん。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「尋常ではないプレッシャーに、見事耐えたチェン」


その一方で、SP1位プラス、羽生の演技の直後の最終滑走というプレッシャーに耐えながら、あれほどの演技をした17歳のチェンも称賛に値する。

「最終滑走は楽な位置ではない。でもユヅルの後に滑るのは、観客がエキサイトしてハッピーな状態になっているので、その直後に滑れるのは自分も嬉しい」とチェンは余裕のコメントを口にした。

 コーチのラファエル・アルトゥニアンは、「ネイサンは戦士。3週間前に私たちは、この大会で絶対に表彰台に乗りたいので安全を期して4回転は3度にしよう、と話していた。だがいざとなれば彼はこうするだろうということはわかっていた」と打ち明けた。

 これまでチェンを指導していて、プッシュしなくてはならなかったことは一度もないという。

「その逆で、いつも練習しすぎて怪我をしないよう、彼を抑えてきた」と語る。

 その一方で、「自分はユヅルの大ファン。この4年間、男子の技術をプッシュしてきたのは彼だった」と羽生を絶賛し、記者会見後にアルトゥニアン自ら羽生にサインをねだるという微笑ましい一場面もあった。

 トップ3選手がそれぞれの記録を残した、素晴らしい男子の戦いだった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



くぅーーーー!
かっこいいー。

「だがいざとなれば彼はこうするだろうということはわかっていた」だって。


ラファコーチとネイサンの2人ともかっこよすぎるやん。


安全策のままでは満足しないのね。アスリートだしファイターだし。
でも、本番でそれを成功させてしまうのが凄い。


「ネイサンは戦士」なのかー。
そうだよね。かっこいいー。



ゆづの後に滑ることに対しても、そりゃあ大変なのは誰でも同じだと思うけれど、
非常に前向きなコメントで、
しかも独特の言い回しだったので感心いたしました。


でもそこはちゃんと対策をしていて、
今回の現地さんのレポによると、、「最終滑走ネイサンがなかなか登場しないなと思っていたら、大量の投げ込みをフラワーガールが片付けてからリンクに登場していた」と、いうことだったらしいです。

素晴らしい。
あの大量のぬいぐるみの中にリンクインしても気が散るだけでウォーミングアップにならないですよね。

2013年福岡でのGPファイナルで町田くんも経験してました。

ネイサンはコーチと考えたのかな。賢明だと思いました。




C5AbgBpUoAA5tL5.jpg




このラファがネイサンの腕をサッと上げたのも男らしいシーンだったなぁ。
好きなんです。



ワールドまであと一か月。
ネイサンは今回よかったからピーキングがむつかしいと思うけれど、ワールドでも納得する演技でぜひ表彰台に上がって欲しいです。

ボーヤンもね(^o^)/

今回ボーヤンは来シーズンを見越してまだ完全に安定してない4Loも入れて5クワド。
ワールドでガンバだよ~~ 


関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

(スポニチ)【三原舞依に聞く】ヨナさんから花束も「驚きすぎて…」




【三原舞依に聞く】ヨナさんから感激花束も「驚きすぎて…」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/19/kiji/20170219s00079000137000c.html?feature=related
フィギュアスケート四大陸選手権第3日(2017年2月18日 韓国・江陵)

――表彰式ではキム・ヨナさんから花束をもらった。

 「憧れの浅田選手とずっと戦ってきた方。凄くうれしかったです。驚きすぎて、声を掛けていただいたのに、何も分からないまま終わってしまいました」

 ――君が代を聴いて。

 「今までテレビでは見ていました。今回自分が国歌を流すことができてうれしい。五輪の会場で流すことができてよかった」

 ――自信があった?

 「ショートもフリーも自分ができるものしか入っていない。練習でノーミスでできていたので自信を持って滑れた」

 ――ジャンプのコツは。

 「コツがあるわけではないです。中野先生方式と言って、反復でたくさん跳んでいる。流れの中で跳ぶジャンプが好きです」



スポニチ:ヨナがプレゼンター







【アイススケートシューズ チャーム】 ドイツより直輸入 ペンダントトップ・携帯アクセサリー・バッグチャーム等に チャーム



関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

(Webスポルティーバ)三原舞依「どんな大舞台でもノーミス」の 集中力で浅田真央以来の快挙




  とてもいい記事でしたので、
私のブログでもご紹介したいと思いました。 



三原舞依「どんな大舞台でもノーミス」の集中力で浅田真央以来の快挙
2017.02.19
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/figure/2017/02/19/post_4/index.php


「世界の舞台で『三原舞依はこんな選手だ』とアピールできたらいい」

 4位だったショートプログラム(SP)の後にこう宣言していた三原舞依が、主要国際大会である四大陸選手権に初出場して初優勝を飾った。これはフィギュアスケート日本女子にとって2008年の浅田真央以来の快挙であり、また日本女子は四大陸選手権で10年連続の表彰台となった。

2月18日に行なわれた女子フリー。三原舞依は、欠場した「ミス・パーフェクト」宮原知子を彷彿とさせる安定感ある滑りを見せ、目標のノーミス演技を披露した。この会心の演技で、フリーはこれまでの自己最高を8.42点更新の134.34点、合計でも9.93点更新の200.85点と自己ベストをマーク。200点の大台超えは日本女子では浅田、安藤美姫、宮原に続く4人目となる。

「目標としていた200点台を出せてうれしい。自分が1位にいるのが信じられない。夢のようです」

 満面の笑みを見せて初々しい言葉があふれた。

三原は2015年12月に全身の関節が痛む「若年性突発性関節炎」を発症していたことが判明。入院治療を余儀なくされ、歩くこともままならない状況で、車いす生活も経験した。氷上復帰までに約4カ月かかり、昨年春から練習を再開した。今も月1回の通院と服薬を続けながら、完治は難しいと言われる病気とうまく付き合って競技生活を続けている。

 つらく苦しい時期を過ごしながらも、大好きなフィギュアスケートができるまでになったのは、自身のスケートに対する情熱もあるが、中野園子コーチをはじめとした周囲の応援があってこそと、感謝の気持ちを語る。

「周りの方たちの支えと、もう一度氷上に戻れたうれしさが、ここまで来られた原動力になっています。たくさんの支えのおかげで、私の努力だけではここの場所に来られなかったと思うので感謝しています」

 首位のガブリエル・デールマン(カナダ)と1.74点差で迎えたフリーは、最終グループの2番滑走で登場。冒頭の3回転ルッツ+3回転トーループを決めると波に乗り、次々とジャンプを成功させ、「シンデレラ」のように華麗な舞を見せた。後続滑走だったSP上位3人はジャンプミスなどで三原の得点を上回ることができず、そのまま1位をキープした。


 本人の喜びもさることながら、普段は厳しく叱咤激励する中野コーチも頬を緩ませて「希望としては表彰台の端っこに乗ればいいと思っていただけで、優勝は予想していなかったので、びっくりして喜びました」と振り返る。

 シニアデビューの今季はグランプリシリーズに初参戦。第1戦のスケートアメリカでいきなりの表彰台(3位)に立ったほか、中国杯で4位に。代表切符をかけた全日本選手権でも3位に入る結果を残して、四大陸選手権と世界選手権の代表の座を掴んだ。

 今大会は全日本女王の宮原が左股関節の疲労骨折で欠場した中で、若手の三原らの活躍に期待がかかった。初めての大きな大会で、代表としてのプレッシャーもかかる。結果を求められる重圧は相当なものだったに違いないが、三原は「世界選手権へ一緒に行くメンバーでよかったと、少しでも思ってもらえるように頑張りたかった」という意気込みで臨んでいたという。


 小学3年から三原を指導する中野コーチは、愛弟子のたぐいまれな集中力に太鼓判を押す。

「本当に集中力がすごい。ここというところでは集中して、どんな大舞台でもノーミスしてきますので。だから、ノーミスの演技をしたことについては驚きではありませんでした。彼女はもとから試合が好きなんだと思います。お客さんが入ったほうが頑張れるというところがありますし、オリンピック会場ということも気にせず、応援が入ったほうが好きなようです」


 その成長ぶりは得点にも表れている、フリーの技術点で自己最高得点の72.30点を出せたのは、ジャッジが彼女の滑りを認めてGOE(出来栄え点)で10点近くのプラスをつけてくれたからだ。一方、演技構成点の62.04点は4位にとどまっており、上位勢に見劣りする。表現力が課題なのは、本人も口にしている。

「世界のトップ選手と比べると、表現面とスケーティングはまだまだ。もっと上の選手を研究してスケート技術のレベルアップをして、ノーミスのレベルもさらに上げていき、もっといい点数を出せるようにしたいです。安心せず、ここからスタートだと思ってやりたい。世界選手権まであと1カ月しかないですけど、もっといいシンデレラをみなさんに見せられるように頑張りたいです」

 今回のタイトルは、3月の世界選手権(ヘルシンキ)に向けて大きな弾みとなるに違いない。世界選手権は本当の意味での実力が試される場であり、採点競技における序列のトップクラス入りを果たせるかどうかもかかってくる。あくまでも挑戦者として、世界の女子フィギュア界を席巻するロシア勢に挑んでほしいところだ。




関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

三原舞依選手、今までの神戸新聞記事




2017/2/18 23:42神戸新聞NEXT
四大陸フィギュア 神戸出身の三原舞依が初出場V
https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201702/0009927518.shtml
来年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪のテスト大会を兼ねたフィギュアスケートの四大陸選手権第3日は18日、韓国の江陵アイスアリーナで行われ、女子で17歳の三原舞依=神戸ポートアイランドクラブ、県芦屋高2年=が合計200・85点をマークし、初出場初優勝の快挙を果たした。
 三原は16日のショートプログラム(SP)でノーミスの演技で4位につけ、この日のフリーも会心の滑りで1位になった。自己ベストを10点近く更新し、逆転で頂点に立った。
 三原は神戸市須磨区出身。15年12月に発症した膝などの関節が痛む難病を乗り越え、シニア転向1年目の今季、グランプリシリーズのスケートアメリカで3位に躍進。全日本選手権でも3位に入り、3月の世界選手権代表に選ばれている。

■三原舞依の話
 自分が1位にいることが信じられない。夢のよう。とてもたくさんの声援をいただいて、とても力になった。(共同)

神戸新聞 まい四大陸FS


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2017/2/20 20:10神戸新聞NEXT
フィギュア三原が帰国 「跳び上がるくらいうれしい」
https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201702/0009932462.shtml
フィギュアスケートの四大陸選手権(韓国・江陵アイスアリーナ)で、日本女子4人目となる200点超えを記録し、初優勝した兵庫県立芦屋高校2年の三原舞依(神戸ポートアイランドクラブ)が20日、関西国際空港に帰国した。三原は「優勝できて跳び上がるくらいうれしかった。また(平昌五輪に)戻ってきたい」と笑顔で語った。

 18日のフリーでほぼ完璧な演技を披露し、ショートプログラム4位から鮮やかな逆転優勝。友人らからは300件を超えるメッセージが届いたといい「まだ全部見られてないんです」と笑う。

 来月末には初の世界選手権(ヘルシンキ)に挑む。「ジャンプでミスをしていては戦えないのが今の実力。もっと表現力や滑りを磨き、どこから見ても美しい姿勢をつくっていきたい」と力を込めた。(山本哲志)

神戸新聞 まい四大陸帰国



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2017/2/19 22:10神戸新聞NEXT
フィギュア四大陸三原選手V 芦屋高「心から祝福」
https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201702/0009930306.shtml

来年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪のテスト大会を兼ねたフィギュアスケート四大陸選手権で、兵庫県芦屋高校2年の三原舞依選手(17)が優勝したことを受け、同校でも喜びの声が広がっている。3月上旬には、代表に選ばれている世界選手権に向け、全校生徒が参加する壮行会の開催も決まった。

 昨年12月のグランプリシリーズで3位に入賞し、波に乗る三原選手。1月には芦屋市役所を訪れ、山中健市長に「技術や表現力を磨いて、トップの選手に追いつきたい」と抱負を語っていた。

 一昨年、関節が痛む病気を発症。「リンクに立てない苦しさがあったからこそ、滑れる喜びを表現したい」と述べた通りの演技を、大舞台で披露した。

 四大陸選手権直前の冬季国体では、ミスが続き3位に終わっていた。三原選手を支える同校の浅堀裕教諭(55)は「落ち込んだ様子だったが、失敗をばねにしたいという思いも伝わってきた」と振り返る。

 そして四大陸選手権では、目標だった200点を超えて優勝。浅堀教諭は「病気のこともあり、大変だったと思う。帰ってきたら、心から祝福したい」と話している。(山脇未菜美)


神戸新聞 まい今年1月に芦屋市役所訪問



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

舞依と花織ーフィギュアの新星(上)出会い
https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201612/0009765495.shtml

舞依と花織ーフィギュアの新星(中)転機
https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201612/0009769491.shtml

舞依と花織ーフィギュアの新星(下)努力
https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201612/0009770902.shtml




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




RT-MK-017 [ フィギュアスケート ] 型抜き マスキングテープ 日本製 20mm*5m shaped masking tape




関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ちえ

Author:ちえ
神戸に住む主婦の生活ブログ。

☆いつも拍手&コメントありがとうございます。
コメントは承認制にさせて頂いています。どうぞお気軽にコメント入れてくださいね。

神戸、カフェ、久保田利伸、
フィギュアスケートが好き。

2009年全日本eyeから高橋大輔選手を、2010年6月DOI「黒い瞳」から町田樹選手をずっと応援しています。現在は町田樹選手の考え方に深く共感し、町田くんを全力応援中。
大輔&真央はいつも心のオアシスです。

ペア、アイスダンスも大好き。

将来の夢:定年後の夫と小さなお店や会社をする事。

好きなもの:
カフェ、食器、インテリア、NY、紅茶






フィギュアスケート・ミュージック 2015-2016
<全曲視聴可能>




ワールド・フィギュアスケート 71
リプニツカヤ選手のインタビュー有








◆GPシリーズ前半戦ハイライト
◇スケートアメリカ
町田樹/今井遥
◆髙橋大輔引退表明会見
(2014.12.4発売)



町田樹選手2014-15SP曲「ラヴェンダーの咲く庭で(通常版) [DVD]
「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」はイギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」のテーマ曲




イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
(¥1548・在庫あり)



イギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」サントラCD
【全曲視聴可能】
(町田選手使用曲は4曲目のヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー)




町田樹選手2014-15フリー曲:「ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」





MOOMIN ムーミン レトロフラワー マグカップ ピンク MM392-11
【町田樹さん愛用のマグカップ】






<ムーミン フタ付きマグカップ>






Sports Graphic Number Do Summer2014 達人が教える 山旅に行こう。 (Number PLUS)
「3食拝見!町田樹(フィギュアスケーター)」
<ムーミンマグカップ登場>



考える人 2014年夏号
町田樹「スケーターとしての強み」








「フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シングル読本」
【表紙:ソチ五輪代表争いする日本男子6人】町田樹・インタビュー











Sports Graphic Number PLUS「日本フィギュア ソチ冬季五輪完全保存版」 (Number PLUS 92号)
<とても綺麗な写真。町田樹選手インタも泣けます>



【町田樹2014-15】
SP:「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」
映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より

FS:交響曲第9番(第九)
  作曲ベートーヴェン



<高橋大輔選手愛用の香水>
軽くてとてもいい香り。強くないから気軽につけられると思います。








<コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー>
美味しくて容器も小さくて可愛い、大好きなクッキーです☆






茨木くみ子「ホームベーカリーで作るふとらないパン」~バター・オイルなしでもこんなにおいしい


茨木くみ子「ノンオイル、ノンバターの茨木さんちのおいしいお菓子」

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。